人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今年のバレンタインは第4のチョコレート「ルビーチョコレート」に注目!

2019.01.28

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

約80年ぶりに登場した新しいカテゴリー「ルビーチョコレート」

 1847年のスウィートチョコレート、1875年のミルクチョコレート、1930年のホワイトチョコレートに続き、約80年ぶりに新しいチョコレートのカテゴリーとして登場したルビーチョコレート。ベルギーのバリーカレボー社が開発し、2017年9月の発表以来大きな話題になっていたが、2018年6月には同社のベルギー産プレミアムチョコレートブランド「カレボー」より、プロフェッショナル向けに開発された「RB1」が発表され、昨秋から本格販売が開始された。

 ルビーチョコレートとは、ルビーカカオ豆の中に天然に存在する成分により、着色料もフルーツのフレーバーも一切使用していないにもかかわらず、華やかなルビー色を持ち、フレッシュなフルーティーさ、フレッシュで酸味を感じる香り特徴。「シャンパン、お茶、日本酒とのペアリングも楽しめるチョコレート」(バリーカレボージャパン 代表取締役社長 パスカル・ムルメステールさん)。

 1月22日から開催される国内最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ2019」でも注目されているルビーチョコレートだが、バレンタインを目前に控え、ユーハイム、ローゼンハイム、エーデルハイムといった大手流通、メーカー、チョコレートデザイン、空也といった有名店、ANAインターコンチネンタルホテル東京、第一ホテル東京、ウェスティンホテル東京といったラグジュアリーホテルが「カレボー ルビーチョコレートRB1」を使った新商品を順次発売開始している(以下、価格はすべて税込)。

〇ユーハイム「リーベスラインゴールド」

 今年創業110年を迎えるユーハイム。秋冬に展開しているビスケットの詰め合わせ「ラインゴールド」をルビーチョコ版に。一口サイズのクラッシュアーモンド入りビスケットをルビーチョコレートでコーティング。ハート形でピンク色のルビーチョコレートがバレンタインにぴったり。ルビーチョコレートの特徴であるベリー感のある甘酸っぱさが加わり華やかな味わいに仕上がっている。スウェーデンの陶芸家、リサ・ラーソンによる猫の「マイキー」のイラストが描かれたオリジナルパッケージもキュート。6個入り・864円、8個入り(ポーチ付き)・1620円。

〇ローゼンハイム「ルビーミルフィーユ」「チョコレートヒストリー」

 昨秋よりルビーチョコレートを使った商品展開をしているローゼンハイム。同社のスペシャリテであるミルフィーユにルビーチョコレートをコーティングした「ルビーミルフィーユ」(1080円)は、北海道産バターを使って織りあげたサクサクのパイ生地に苺とラズベリーのミックスクリームをサンドして、ルビーチョコレートでコーティング。チョコレートヒストリー」(1944円)は、スウィートチョコレート、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレート、ルビーチョコレート4種類のタブレットチョコレートを1箱に詰め合わせたチョコレートの歴史を味わえるセット。スウィートチョコにカカオニブ、ミルクチョコにアーモンド、ホワイトチョコにドライストロベリー、ルビーチョコにはドライラズベリーのトッピングで食感も楽しめる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。