人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.23

ラベンダーの香りは精神安定剤!?人をハッピーな気分にする8つの香り

 爽やかな香りを吸い込めばたいていは気分がよくなるだろう。だがこれは単なる気分の問題なのだろうか? 最近の研究で、ラベンダーの香りが実際に“薬”として作用していることが報告されている。ラベンダーは精神安定剤だったのだ。

ラベンダーの香りは精神安定剤

 薬を飲んだり注射を打ったりしなくとも、香りを吸い込んだだけで症状が緩和されるとしたらどれほど有難いことだろうか。最近の研究である種の香りは“薬”として有効に作用することが報告されている。

 鹿児島大学の研究チームが2018年10月にオンライン科学雑誌「Frontiers in Behavioral Neuroscience」で発表した研究では、ラベンダーの香り成分であるリナロール(linalool)が、直接脳に作用して抗不安作用をもたらすことが突き止められている。香りが実際に精神安定剤として作用するのである。

 研究チームはマウスをリナロールの蒸気に晒す実験を行ない、リナロールが実際に不安を緩和する効果があることを結論づけた。ラベンダーの香りに包まれたマウスから、不安を表す神経症的な行動が劇的に減ったのである。

Frontiers」より

 精神を安定させる抗不安薬としてベンゾジアゼピン系薬剤が広く用いられているが、こうした薬剤にはある種の運動障害の副作用が見られる。しかしリナロールの香気を吸うだけであればこうした副作用がないことは大きなアドバンテージだ。

 嗅覚を失ったマウスにはリナロールが有効に作用しなかったため、香り成分が化学物質として人体に影響を及ぼしているのではなく、リナロールがベンゾジアゼピン系薬剤が作用する脳内の神経経路に直接作用して不安を除去する効果をもたらしていることになる。

 研究チームはラベンダーの香りによる不安の緩和効果は、広く医療現場で活用できることを指摘している。例えば手術前の不安を緩和するために病室に施したり、全身麻酔に活用したりすることが考えられるという。もちろん内科や歯科など一般的な病院の芳香剤としても有効だ。そしてストレスが多かった1日の終りにはラベンダーの香りに包まれてリラックスしてみてもよいのだろう。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。