人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.15

医療系の職種の人が働きやすい企業ランキング

人の健康や生命、福祉に携わる分野で、国家資格取得が必須条件になる職種も多く、それだけに社会的な信用も高い『医療系職種』。

一口に言っても、医師や歯科医師、獣医、看護師、理学療法士、薬剤師のほか、ケアマネージャーのような介護・ケア関連職、製薬会社の臨床開発職、医療事務など実に幅広い職種がある。

専門性が高く引く手あまたな一方で、勤め先が人手不足の場合は激務になるイメージもあるが、実際に医療系職種として働きやすいのはどんな企業なのだろう。今回はキャリコネが発表した『医療系職種が働きやすい企業ランキング』をユーザーのコメントと一緒に紹介しよう。

医療系職種が働きやすい企業ランキング

1位:イオンリテール

~地域の「かかりつけ薬局」として、大型商業施設内に260店舗以上展開~

 総合評価1位は、2018年2月時点で400店舗を構え、総合小売業を展開する「イオンリテール」。医療系においてはショッピングセンターで260店舗を超える「イオン薬局」を展開。施設内に誘致した医療施設からの処方せんの応需はじめ、OTC医薬品、健康食品、サプリメント、漢方など、買い物ついでに相談される多様なニーズに薬剤師が対応している。

目指すのは、地域の患者に寄り添い、地域の健康づくりの拠点としての「かかりつけ薬局」。項目別では「ホワイト度」「休日」が1位に。長期休日制度や育児休職、時短勤務制度、リ・エントリー制度(復職制度)などを導入。女性の両立支援に積極的だ。

「福利厚生は大企業だけあって充実している。長期休日年間20日間は必ずとれる(10日間×2または10日間×1、5日間×2)。住宅補助も付く(一律2万5000円)。残業は人件費の抑制のため基本的にしてはいけない。サービス残業にも厳しいと思います」(薬剤師/20代後半女性/年収450万円/2012年度)

2位:マツモトキヨシ

~20年以上の歴史のある調剤事業で「かかりつけ薬剤師」を育成~

 マツキヨの略称で知られる「マツモトキヨシ」はドラッグストアのイメージが強いものの、調剤事業は20年以上の歴史がある。店舗では血液や口腔内環境の検査、サプリのオーダーメイドなども実施。また、検体測定室を設け生活習慣に関する測定を実施、その結果をみてアドバイスも行っている。

OTC薬剤師研修の実施や、社内研修で研修認定薬剤師の単位が取得できるようにする、毎年キャリア面談を行い希望部署や担当のヒアリングをするなど、成長しやすい環境づくりに注力。項目別では「労働時間」で1位に。小6まで育児時短勤務が利用できるなど、働きやすい環境づくりにも取り組んでおり、2018年には女性活躍推進法に基づく「えるぼし」の最高位認定も受けている。

「入社2年後から有給4日を含む連続休暇(6連休か、3連休を2回)を必ずとらなくてはいけないので、その機会にみんな旅行にいっています。とらなくてはならない、という意識が根付いているので、連休が取りづらいといったことはないです(ただし店の状況にもよると思いますが)。社内環境としては、今まで3店舗経験しましたが、接客業ということで、人と接するのが好きな仕事に熱い明るい社員が多い印象です。ポジティブで尊敬できる方々が多いです」(薬剤師/20代前半女性/年収400万円/2009年度)

3位:ベネッセスタイルケア

~介護事業20年。有料老人ホームなど全国300以上の高齢者向け施設を展開~

 介護事業と保育・学童事業を展開する「ベネッセスタイルケア」。介護事業では20年の実績があり、全国300以上の有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などを運営するほか、在宅介護事業や介護資格講座の開設等も行っている。

無料の認知症セミナーの開催、介護スタッフによる介護技術講座など、地域貢献にも注力。家賃3万円の社宅制度、10万円の引越し支度金などがあるほか、家族の医療費補助、育児休職や復帰後の時短勤務、従業員向けの保育園など福利厚生は手厚く用意されている。項目別では「やりがい」が1位に。

「ベネッセグループだけあって、福利厚生には手厚いものがありました。配属拠点次第かとは思われますが、シフト調整さえしっかりすれば、有休取得はさほど困難ではありません。市販薬の自主購入費用を、申請書と共にレシート提出すると、年間上限5000円まで支給されます。生保・損保の掛け金については、年額1万円まで補助してもらえます」(介護・ケア関連職/40代前半男性/年収216万円/2016年度)

関連情報/https://careerconnection.jp/

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。