人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.14

著名人に聞く「2019年への思いを表す漢字」

年が明け、新たな365日が始まった。と同時に、平成時代終了まで5ヶ月を切った。“始まり”と“終わり”を意識させられる、いつもとは違った不思議な感覚のこの年末年始に、世間の人たちはどのような期待や不安を抱いたのだろうか?

今回、時間デザイン研究所により、平成最後の年末年始に、人々がどのような気持ちでいるのかを探る目的で、「2018年を振り返る漢字」、「2019年への思いを表す漢字」の募集が掛けられた。期間は、11月30日~1月6日。14歳以上を対象にインターネット上で募集し、応募総数は1930件だった。

2019年への思いを表す漢字”は、ダントツで「新」

“2019年への思いを表す漢字1字”は、1位は「新」(応募総数における割合11.8%)、2位は「進」(3.9%)、3位は「楽」(3.4%)、以下「幸」「挑」「変」という結果に。「新」は、2位「進」に投稿数で3倍、割合でも8ポイントの差をつけダントツ1位だった。

また、2019年の漢字上位20位を見ると、「健」「笑」「快」「希」「夢」「輝」など、ポジティブな印象の漢字がほとんどという結果に。

改元は、「新たなスタートの機会」と捉える傾向が強い

上表(※2)、「新」を投稿した人のコメントでは、「新元号、気分も新たにがんばりたい」「新しい時代の幕開け」「新しいことに挑戦する一年」、「新しい自分に出会いたい」など、前向きなものが数多く寄せられていた。

とりわけ、平成最後の年末年始のこの時期は、皇位継承・改元という日本人にとって特別なイベントを間近に控え、時代を想う特別な時でもあるのだろう。加えて、東京オリンピックまで1年という新時代の幕開けとなる様々なイベントは、景気動向や国際情勢といった不安要素を覆ってしまっているようだ。人によっては、進学や就職、結婚、子供の誕生など個人的イベントとあいまって、希望的・前向きなマインドになっていると思われる。

一方、“2018 年を振り返る漢字1 字”では、「災」が1 位(8.4%)となった。〔『今年の漢字』(公益財団法人日本漢字能力検定協会)と同結果〕。全国各地での自然災害や猛暑が、人々の記憶に強く刻まれたものと考えられる。2 位は「変」(4.2%)、3 位「忙」(2.8%)。以下、「平」「終」と続く(※1 参照)。平昌オリンピックやサッカーワールドカップでの日本人選手の活躍、大谷翔平選手や大阪なおみ選手の快挙など、スポーツ界で明るい話題が数多くあったにも関わらず、それに関連する漢字はほとんど見られなかった。

2018年はネガティブに総括、2019年へはポジティブな展望

また、“振り返る漢字”で「災」「辛」「悔」「苦」といったネガティなブ漢字で総括した人も、2019年への思いを表す漢字では、「新」「幸」「楽」「進」など、それを引きずることなく、自発的に新しいことへ取り組もうという姿勢が見てとれる。(※3 参照)

さらに、漢字に添えられたコメントについて、2018年と2019年のそれぞれで分析が行われたところ、2018 年振り返りではネガティブなワードが多く、2019 年への思いでは、「新た」「期待」「込める」といったポジティブなワードが多くみられた。(※4 参照)

著名人が考える「2019年の一字」とは?

最後に時間デザインプロジェクトに賛同している、各界の第一人者の方々からも2019年の一字とその理由が寄せられているので、その一部を紹介していく。

出典元:株式会社日本能率協会マネジメントセンター

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。