人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

圧倒されまくり!美食の都ホーチミンで出会った極上レストラン

2019.01.16

 本当に圧倒された!

 感激したり、しみじみしたり、興奮したり、癒されたり、海外旅行の感慨には色々な種類があるもんだけど、とにかく圧倒される街。それがベトナム最大の商業都市“ホーチミン”だ。

 そんなホーチミンに行ってきた! 

 日本からホーチミンへは、成田、関空、中部、福岡の各国際空港からベトナム航空でわずか6時間ほど。

↑そして成田から乗った機材は世界最新鋭旅客機エアバス350-900!

 この機内の感慨もジックリ書きたいんだけど、今はちょっと待ってくれ! 今回の取材旅行はホーチミンにとどまらず、ベトナム南部の他の都市にも足を伸ばしたので、今回の一回の記事にはとどまらず、以後2回3回、4回目と続く。なので最新鋭機内の凄さはラスト4回目にタップリ書くということで、今回はホーチミンだ!!

 ホーチミンの空港から市内へはバスで約30分。この30分の車窓からの光景だけで、誰もがこの街に圧倒されるに違いない。

 街並みの持つ、なんとも説明しようのないパワー。噴流が如く道路を溢れ走るバイクの怒濤。

 ビルの上から道路を見下ろせば、バイクはこんな事になっている。

 秩序なき渋滞といえばそれまでだが、このバイクの行列が全然イヤな気分にならない! この噴流が圧倒的な街のパワーとして、見ているコッチにビシビシと伝わってきて、逆にこっちまで、

「チクショー! オレも負けてらんないぞォ〜!!」

 って気持ちになってくる。なんなんだろ、これ? 

 バイクに限らず、たとえばこの写真はホテルの部屋から見た朝の風景なんだけど…。      

 この街は今、ものすごいスピードで発展してるぞぉぉぉぉ!! ってのが肌で感じられる。写真じゃわからないかもしれないけれど、よぉ〜し、オレもいっちょ発展してやるぞぉ〜!! と、こっちもパワーをもらえるのだ!

 そうなのだ。圧倒されながらも自分もそのパワーをもらえる街。それがホーチミンなのだ!!

 さぁ以上前書き!! ここから本題。

 旅といえば、まずなんといっても食であるが、ホーチミンで具体的に圧倒されるのが、なんといってもこの食だ!!

 ベトナム料理といえばフォーに代表される麺類が有名だけど、ホーチミンの市場のフードコートで食べた麺類に付いてきた薬味的な生野菜からしてこの迫力。

 さすがに麺類一杯分の薬味ではなく、3杯に対しての薬味なんだけと、それにしてもすごいでしょ?

 いやホーチミンの食のすさまじさは、こういう量的な迫力にとどまらない! 美食の国・フランスの植民地だったことの影響もあるのか、独自の料理文化を持ちつつも、その枠にとらわれない自由な食の進化が止まらない食都。それがホーチミンなのだ!!

 そんな食への自由な発想を、おそらく世界でも最高に感じさせてくれる、そしてここでしかできない体験を味わえるレストランが『ノワール(noir)』だ!

 なんとこの店、驚くべきことに○○の中で食事をするのだ。○○の答えは次ページへ!

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。