人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

寒い冬のごほうびタイムお風呂!あなたにピッタリの入浴剤の選び方

2019.01.15

スキンケア系の入浴剤

保湿効果を前面に押し出した入浴剤で、有効成分として米胚芽油やスクワランなどが含まれている。「お肌がしっとり」、「すべすべのお肌に」といった宣伝文句のついた入浴剤の多くが、このカテゴリー。

冬期は入浴後の肌が乾燥しやすいため、このタイプの入浴剤の人気が高まるが、基本的にオールシーズンで使える。

保湿成分としてスクワランを配合した「薬湯ヒバ」(オリヂナル)

精油(エッセンシャルオイル、アロマオイル)

日本でハーブや樹木から抽出した精油が入浴剤として使われるようになったのは、割と最近のことだが、若い女性を中心に人気を確立している。

基本的な効能はアロマテラピーと同様で、揮発成分が鼻から吸入されて脳を刺激し、自律神経の調子を整えてリラックスさせたり、集中力を高めるといった効果がある。精油の種類によっては、スキンケアやデトックスの効果もある。ちなみに、精油を医療用入浴剤として活用してきた歴史の長いヨーロッパでは、リウマチ、筋肉痛、呼吸器系疾患など適応症が明示されている。

使い方は、数滴を湯船に落としかき混ぜる。敏感肌の人は、ホホバオイルのようなキャリアオイルと混ぜておくとよい。

最高級の材質を誇る吉野ひのきを原料にした「ひのき精油」(喜多製材所)

バスボム

バスボムは特殊な入浴剤に見えるが、主な材料は重曹(炭酸水素ナトリウム)とクエン酸で、食用色素で色をつけたもの。炭酸ガス系の入浴剤の1種と考えてよいだろう。

商品によっては、ホホバオイルや精油といった成分が配合され、複合的な効果を得られるようになっている。

バスボム専門店「LUSH 原宿店」で販売されている「グルービー カインド オブ ラブ」

ジャンルだけでもこれほどの数のある入浴剤だが、いっぺんに複数の効能を享受しようとして、異なる種類の入浴剤を入れるのはNG。日本浴用剤工業会によれば、「各々の商品の特性を損なったり、効果が低下したりする恐れ」があるという。また、湯温は冬でも熱すぎず40℃くらいに設定するのが、入浴剤の効果を最大限に引き出すコツ。いたずらに長時間浸かってものぼせるリスクが増えるだけなので、10~15分を上限として快適な入浴を楽しむよう心がけたい。

主要参考資料:
・『入浴の事典』(阿岸祐幸編/東京堂出版)
・日本浴用剤工業会ウェブサイト
・バスクリンウェブサイト
・花王ウェブサイト
・アース製薬ウェブサイト

文/鈴木拓也(フリーライター兼ボードゲーム制作者)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。