人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.11

被害者が急増!?飲み会で友人が悪気なく引き起こす「盛られハザード」

「や、やられた!」

忘年会や新年会の後、SNSやグループLINEにアップされた画像を見て、このように思う人は多いのではないだろうか。

イベントごとの多い今のシーズン、主に女性が悪気なく引き起こす害、それが「盛られハザード」である!

盛られすぎてツライ。「盛られハザード」の被害報告

目を大きくしたり、肌を白くしたり、アゴを細くしたりアプリで容易に画像加工ができるようになった今、女性の画像写りは大抵、美しい。

今や撮影後に加工せずとも、カメラアプリを利用すれば、お任せモードで即美人にしてくれるというのだからお手軽なものだ

しかし今や、その害におののくのは男性だけではない。

「アゴが削られすぎて宇宙人みたいだった」

「でか目加工されて妖怪になった」

「脚長加工で腕を長くされた」

これらの被害報告は、主に「盛られハザード」を引き起こすと思われていた女性から上がっている。そう、今や被害者に性別は関係ない。

コスメ会社マンダムが、1030代女性240名を対象に被害の実態調査を行った。

女子の半数以上は「盛られハザード」を経験

これまで画像を盛られたことはあるか、また「盛られたくないのに盛られた」ことがあるかを質問。その結果、「盛られたことがある」うちのほぼ半数の女子たちが「盛られたられた」と考えていることがわかった。

盛ってくれてる、でもつらい…

いやいや、しかしいかに嫌だと言っても、「盛り」とは本来、対象人物を美しく見せるためのものである。そこで、自分の盛られ画像についてどう思うかも質問。

その結果、「良く盛られすぎて、逆につらい」という意見が多く見られた。実物とのギャップに苦しむ女子たちは多いようだ。また盛り方についてもやはり個人間で好き嫌いがあるよう。好みではない「盛られ」は、逆に迷惑千万!?

また蛇足だが、「この世から消したい盛られ画像」があるかどうかも聞いてみたところ、こちらは462%の女子たちが「ある」と回答。いったいどのような画像なのか聞いてみたい気がするが、こちらは本人のみの秘密なのだろう。

マンダムが教える「盛られハザード」回避法

コスメ会社マンダムは、これらの「盛られハザード」を回避するポーズも教示。

それがなんと、「加トちゃんぺ」のポーズだというのである!

なんでも、指を顔に乗せることでカメラが顔を認識できなくなり、加工対象から外れるのだとか。

女友達が「一緒に撮ろう」と言ってきた時、集合写真を撮る時。

「むむ、これはやられそうな気がする」と思ったら、そっと「加トちゃんぺ」のポーズをとってみよう。一人だけちょっと面白いことになるものの、ナチュラルな素顔のあなたが、思い出画像として残るに違いない。

関連情報/https://www.gatsby.jp/special/cp/morare-hazard/

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ