人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

購入前に最低限覚えておきたいドライブレコーダーの専門用語

2019.01.30
普及率も急速に上昇し、あおり運転や幅寄せ運転など交通トラブルの増加に伴って大注目のドライブレコーダー(通称、ドラレコ)。ハイエンドからエントリーまで様々な機種が登場し、販売台数を伸ばし続けている。そこで購入時に必要になりそうなドラレコの主な専門用語を解説しよう。

ドラレコ専門用語

有効画素数

交通事故に遭遇した場合は、相手を特定するためにナンバープレートの情報が必要となる。画質の目安としては、解像度が1920×1080(フルHD)以上、画素数が200万画素以上のレコーダーなら問題ないだろう。

記録画角

事故は真正面で起こるケースは少なく、撮影できる画角が広いほど安心度は高い。画角は「水平画角」(横の範囲)「垂直画角」(縦の範囲)「対角画角」(斜めの範囲)の3つ。最も重要なのが水平画角だ。

フレームレート

1秒間に撮影する静止画の枚数のこと。1秒間で30カット撮るカメラが「30fps」、20カット撮るカメラなら「20fps」。30fpsの場合、西日本のLED信号機が消灯して記録されるので注意が必要だが、その対策モデルもある。

画像補正

大抵の機種では、明暗差の激しい状況での〝白飛び〟や〝黒つぶれ〟を抑えるための、映像補正機能が備わる。HDRは、ダイナミックレンジを拡張して鮮明な映像を記録する機能。WDRは露出補正で逆光補正効果が得られる。

GPS

GPS内蔵モデルを選べば、撮影場所、時刻、車速を正確に記録可能。走行記録を確かめるのに役立つ。上位機の多くに備わっていて、非搭載でも各社が用意するオプションを追加すれば同機能を利用できる。

駐車監視

駐車監視機能は「衝撃を感知して録画」と「常時録画で、衝撃を感知すると前後の動画を保存」「動体を検知して録画」の3つのタイプに分類できる。使用する場合、オプションの電源ケーブルが必要な場合が多い。

専用ビューアー

多くのモデルが用意しているPC向けの専用ビューアーソフトを利用すれば、GPSデータに基づく日時や速度、場所がわかり、オンライン地図上で走行軌跡を把握可能。急ハンドルや急発進など加速度を表示するモデルも多い。

安全運転支援

最近では「前の車両の発進」「前方車両と接近しすぎ」「車線からのはみ出し」といった、安全運転支援機能を備えたモデルも多い。いずれも画面の表示や警告音が鳴ることによって、ドライバーに危険な運転状況を知らせる。

「ドライブレコーダー搭載車 録画中」データシステムの『DVR3100』など「ドライブレコーダー搭載車 録画中」といったステッカーが付属するモデルもある。車両後方に貼ると、あおり運転を回避できると好評だ。

取材・文/常國伸太郎(アレーワークス)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。