人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.05

今年のエンタメトレンドを読み解く3つのキーワード「サブスクアニメ」「ジェネレス映画」「スマホ原作アニメ」

ピカチュウ

 毎年、大ヒットする映画やアニメがあるが、「事前に絶対にヒットする作品の予測は不可能」と、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さん。

「見る人の趣向同様、作品自体も多様化しています。それゆえ作品数も多くなり、良作(自分にとってのヒット作)と出会うのが難しい時代です。私は、自分好みの監督、脚本家を中心に見るようにしています」

 一方で、良作が生まれやすい土壌も整い始めているという。「サブスクリプションの普及です。全世界に配信できる体制もあり、予算も大きいので、世界的なヒットになる可能性があります」

じっくり作り込める環境がヒット作を生む!?【サブスクアニメ】

定額でアニメ作品などが見放題のサブスクリプション。そのオリジナル作品は、スポンサー探しや放送日に追われることなく、じっくり制作できるのが特徴。そんな環境ゆえ、優秀なクリエーターが集まり、良作が生まれやすい。

〈4月〉死と隣り合わせのサバイバルを描く

『7SEEDS(セブンシーズ)』『7SEEDS(セブンシーズ)』Netflix独占配信

田村由美原作の近未来サバイバルSFをアニメ化。人類滅亡を回避するための「7SEEDS計画」に選ばれた若者たち。厳しい環境の中で懸命に生き抜く彼らの姿を描く。
©2019 田村由美・小学館/7SEEDS Project

[注目ポイント]原作は16年にわたり連載され、累計600万部以上(デジタル含む)。アニメ制作はGONZO。

〈4月1日〉ヒットメーカーのダブル監督体制で制作

『ULTRAMAN』『ULTRAMAN』Netflix独占配信

累計280万部以上のコミックスを3DCGアニメ化。ウルトラマンが去った後の世界を舞台に、主人公が特殊なスーツで異星人と戦う新『ウルトラマン』シリーズ。
©円谷プロ ©Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi ©ULTRAMAN製作委員会

[注目ポイント]監督には『攻殻機動隊 新S.A.C.』シリーズの神山健治と『APPLESEED』の荒牧伸志を起用。

【私が予測します!】ニッポン放送アナウンサー 吉田尚記さん

吉田尚記さん『ミュ〜コミ+プラス』(ニッポン放送/月〜木曜24:00〜)のパーソナリティー。アニメへの造詣が深く、マニアからも一目置かれる存在。

「数あるサブスクの中でも、Netflixが、特にオリジナル作品に力を入れています。こうした動きが他社にも広がってほしいですね」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。