人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.10

前年比150%超の急成長を遂げた「サバ缶」ヒットの理由

インテージが発表した『購入額の伸び率ランキング』で栄えある1位に輝いたのは、前年比151%のサバ缶。連日テレビ番組などで取り上げられ、見ない日が珍しかったくらいの超売れっ子だ。

マスコミの猛プッシュもあり、前年比150%超のサバ缶。

サバ缶市場は、ここ5年で確実に成長している。SRI データによると4年前には118億円だった市場規模が、今年は240億円と2倍以上に。

そして特筆すべきは、昨年から今年の急激な伸び。昨年の157億円から一気に83億円増加し、市場規模を約1.5倍に広げた。テレビなど報道機関のサバ缶ブームが強力な後押しになったと推測。

商品数も4年前の200種類から今年は357種類と1.8倍。ここ数年の健康志向の高まりを考えると、今後の需要も底堅そうだ。缶詰としてそのまま食べるという手軽な食べ方が最も多く用いられているが、野菜と合わせて煮たり炒めたりという本格的な調理にも使用されている特徴も。

和食と相性がよく使用されることが多いものの、カレーの具材として使われるなど、レパートリーのすそ野は広そう。今後の広がり次第によっては、さらなる需要増も見込めそう。

また、EPAやDHAといった栄養素を豊富に含む「青魚の王様」の缶詰が、ランキングを独走していたかに思われたが、そこに待ったをかけたのがサラダチキン。高タンパク低カロリーの鶏の胸肉を主な原料にし、前年比148%と王者に負けない大幅な売り上げの伸びを記録した。

さらに無糖炭酸水、ビネガードリンクと続く今年のランキングの特徴は「健康志向」と「手軽さ」。体に良いものを、あまり手を加えず摂取できるという2つの機能が重宝される中、特に上位2カテゴリーは、それを十二分に満たしたことが人気の秘訣といえるだろう。

関連情報/https://www.intage.co.jp/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。