人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.10

普段、あなたの健康をサポートしてくれる身近な人は誰?

この時期、寒さやウィルスなどによって身体を壊す人は少なくない。そして、身体が弱った時に支えてくれるのが「家族」や「友人」といった身近な存在。日本薬剤師会は『健康サポートと薬剤師に関する意識調査』を実施し、「健康をサポートしてくれている身近な人」の調査結果を発表した。

『健康サポートに関する意識調査』

全回答者(1,000名)に、普段、自分の健康をサポートしてくれる、身近な人は誰かを聞いたところ、「配偶者(夫、妻)」が最も多く42.2%、次いで、「母親」が22.1%、「子ども」が14.8%、「友人・知人」が8.0%、「父親」が7.5%となった。婚姻の状況別にみると、既婚者では「配偶者(夫、妻)」が62.8%で最も高く、他方、未婚者では「母親」が37.8%で最も高い。

配偶者に健康をサポートしてもらっている人が多い結果となったが、全回答者(1,000名)に、パートナー(配偶者、恋人)にしてもらえたら、好感度がアップすると思う健康サポートについて聞いたところ、「健康に配慮した料理を作ってくれる(カロリーや塩分控えめなど)」が最も多く40.3%、次いで、「病気のときに看病してくれる」が40.0%、「顔色など体調の変化に気づいてくれる」が37.1%、「疲れているとき『休んだら?』と言ってくれる」が34.6%、「家の中を清潔に保ってくれる」が27.4%となった。料理に込められた思いやりを感じ、パートナーへの好感度がアップするという人が多いようだ。

男女別にみると、女性では「病気のときに看病してくれる」(47.6%)が最も高くなった。自分が弱っているときのサポートが、好感度アップのポイントになるという女性が多いようだ。また、「リフレッシュできる場所に連れて行ってくれる」(29.2%)は女性の3割が回答した。

年代別にみると、30代では、「疲れているとき『休んだら?』と言ってくれる」(44.6%)が最も高い。仕事や育児などで多忙になりがちな30代では、気遣いや労わりの言葉をかけてくれるパートナーに好感度アップするという人が多い。

関連情報/https://www.nichiyaku.or.jp/news/index.html
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。