人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.01

AIの時代を生きる子どもたちに必要な「STEM教育」とは?

 2020年の教育改革を前に、現在、小学校・中学・高校、大学では、教育内容や科目が大きく変わろうとしている。たとえば、英語は20年度から小学校5、6年生の正式科目となり、数値による評価が行なわれる。

 プログラミング教育については小学校は20年度から、中学校は21年度から、高校は22年度から、それぞれ必修化される。

 そのほか、子供が発表や議論を通じて主体的に学ぶ「アクティブラーニングの導入」や「入試改革」なども決まっている。「知らなかった……」とあとで悔やまぬよう、子を持つ親は情報のアンテナを張っておく必要がある。

AI時代に生きる子供に必須!

STEMはScience(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)のそれぞれの単語の頭文字を取ったもの。STEM教育とは、科学、数学領域に重点をおいた教育をさす。科学と数学を土台として展開する科学技術人材育成を行なうために米国が導入。日本でも2020年に正式科目となることもあり、注目されている。プログラミングなどをとおして、論理的に考えたり、自分で考えたことをコンピューターの力で具現化したりする力を身につけさせることを主目的とする。

プログラミング教室が大人気

『TENTO』『TENTO』

小学生・中学生向けのプログラミング教室で、関東を中心に展開。費用は1か月4回で1万64円。個別のカリキュラムで、Processing、PHP、Python、Javaなどのプログラミング言語に対応する。

『TENTO』講座授業と個別授業を組み合わせた寺子屋方式。積極的に楽しくプログラミングを学べると親子に好評。

『TECH::CAMP』『TECH::CAMP』

大人の未経験者向け人工知能学習体験会を開催。Webサイト制作、VR・3Dゲーム開発の体験も選べる。

『アーテックエジソンアカデミー』『アーテックエジソンアカデミー』

Scratchをオリジナルカスタマイズしたソフトを使ってロボットを動かす小学生向けの教室。楽しみながら学べると人気。ロボットの購入費+月額約1万円。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。