人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.09

DJターンテーブルの名機が復活!テクニクス「SL-1200MK7」が今年の夏頃に製品化予定

パナソニックは、DJ文化を黎明期から支え続けてきた、テクニクスのダイレクトドライブターンテーブルSL-1200シリーズの操作感を踏襲するとともに高音質を追求した、「SL-1200MK7」をCES2019に出展した。

SL-1200シリーズは1972年に発売して以来、ダイレクトライブ方式ならではの高音質と信頼性で、世界中のオーディオ愛好家はもとより、クラブやスタジオ、放送局などにおいても高い評価を得てきた。

とりわけ、1979年発売のSL-1200MK2以降は、ピッチコントローラーを「つまみ型」から上下にスライドさせる「フェーダー型」に変更するなど楽器を演奏するような操作性を実現し、当時アメリカを中心に台頭してきたディスコやクラブにおける定番機になった。

2010年に生産終了となったSL-1200MK6までのシリーズ累計の販売台数は350万台を超え、今もなお世界中で愛用されている。

「SL-1200MK7」は、2016年に製品化したSL-1200Gをはじめ、新生テクニクスの開発で培った技術を用いて音質を高める一方で、ボタンレイアウトやプラッターの慣性質量などDJパフォーマンスに影響する仕様はSL-1200MK6を踏襲。

過去のモデルを使い慣れた人でも従来と同様の操作感で使うことができる。さらに、トルク・ブレーキスピードの調整機能や逆回転再生などパフォーマンスの可能性を広げる新たな機能も搭載している。

「SL-1200MK7」は、2019年夏をめどに製品化予定だ。

関連情報:https://panasonic.jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。