人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.16

新しいECコーナーが誕生!JR東海「いいもの探訪」×DIME通販・大人の逸品がコラボ

小学館の総合通販サイト「大人の逸品」が、JR東海のECショップ「いいもの探訪」と〝相互乗り入れ〟を始める。今後それぞれの特徴を生かした商品を広く紹介し〝乗客の皆様〟の選択肢を広げていく。出発進行!

《特設ページに出発進行!》http://e-mono.jr-central.co.jp/shop/pages/dime.aspx 

JR東海ECショップ「いいもの探訪」とは?

JR東海が2015年12月にサイトを立ち上げ、2016年10月よりECショップとして運営を開始したネット通販サイト。中部地方を中心とする同社の沿線グルメや工芸品を取り揃えており、手土産品から自家用まで幅広く活用できる。現在、約900アイテムを展開中。

宍戸さんをはじめとした4人のJR東海社員が中心となり運営。自ら足を運んで取材した商品が掲載されている。

東海旅客鉄道
事業推進本部(新規事業)
宍戸聡朗さん

DIMEが見た「いいもの探訪」の魅力

•沿線の生産者を応援する姿勢
•JR東海社員が自らリサーチ・取材
•出張に役立つ手土産が充実
•DIME読者との親和性

コラボの理由はもっとプロダクトを増やしたい!

「いいもの探訪」はJR東海が運営する、商品を軸としたネット通販サイトだ。鉄道会社である同社が、このサイトを始めた経緯を、運営責任者の宍戸聡朗さんは、

「これまで『そうだ京都、行こう。』キャンペーンをはじめ、観光地をPRして旅の魅力を喚起してはいましたが、沿線の〝いいもの〟を中心に紹介することで、より現地に興味を持っていただくことができるのではと考え、立ち上げたのが『いいもの探訪』です」と話す。

 その背景には、沿線をもっと盛り上げたいという、地域活性化への思いが強くあった。当初は商品紹介だけにとどまっていたが、購入に関する問い合わせや要望が増えたことから、本格的にECショップとしてスタートしたという。

 では、取り扱っている商品にはどのような特徴があるのだろうか。

「沿線を盛り上げることが目的なので、地域で昔から愛されているもの、原材料や製法にこだわりがあるものを中心に取り揃えています。全国的にまだ知られていない商品も多いので、新たな発見があると思いますよ」(宍戸さん)

 商品は地域を知り尽くした沿線の金融機関や、すでに「いいもの探訪」で掲載されている生産者などからも情報を集め、スタッフが現地の販売元や製造元を取材してから決める。今後はJR東海の駅長さんが地域の魅力を発信するコーナーも計画中とのこと。「いいもの探訪」からますます目が離せない。今回のDIME通販「大人の逸品」とのコラボについて宍戸さんは、「現在、食料品が8〜9割を占めており、もっとプロダクトを増やしたいと思っていました。『大人の逸品』は、こだわりの製品を多く紹介しており、最適なパートナーとなると考えました。まずは左の4商品を『いいもの探訪』で紹介するところから出発進行です」と話す。

 DIME読者の中心は、東海道新幹線を利用する機会も多いビジネスパーソン。JR東海との親和性が高く、今回のコラボをきっかけに新たな展開も計画中だ。

編集長の安田と商品を検証。本誌読者に沿線の商品を知ってもらいたいという思いがコラボ実現につながった。

JR東海沿線の9府県の生産者を応援!

多彩な技術や地域グルメが豊富にある沿線各エリア。地域を一緒に盛り上げていくことを主眼に、これまで紹介されることがなかった隠れた逸品にもスポットを当てる。

JR東海の社員が自らリサーチ

実際に現地に出かけて生産者から話を聞き、試食し、商品を丹念に検討。サイトの商品紹介文は担当者の手によるものだ。さらにイベントも開催され地域活性化に一役買っている。

「いいもの探訪」が「大人の逸品」から4商品を厳選

〈滋賀〉溶接なしの美しい一体成型鉄板
鉄板工房M.M.Factory『極厚鉄板』
鉄板(小)5600円(税込み)、鉄板(大)6200円(税込み)
専用蓋(小)4500円(税込み)、専用蓋(大)5000円(税込み)

商品情報はこちら>>http://e-mono.jr-central.co.jp/shop/g/gSG100130001/

多くのステーキ専門店では、極厚で重い鉄板が使用されている。薄いと肉を置いたとたんに鉄板表面温度が下がり、肉の旨味を逃がしてしまうからだ。『極厚鉄板』は、文字どおり〝厚さ9mm〟。肉の表面を瞬時に焼き締めて肉汁を封じ込め、外はカリッと、中はジューシーに仕上げる。分厚いステーキもなんのその。BBQで使えば〝達人〟として尊敬される?

Spec:『極厚鉄板 小』縦25×横25cm(持ち手含まず)、4.9kg。カセットコンロサイズ。『極厚鉄板 大』縦30.5×横30.5cm(持ち手含まず)、6.9kg。ガスコンロサイズ、厚さ9mm、鉄製、IH調理器使用可能。日本製。『専用蓋 小』幅19.3×奥行き19.3×高さ5cm(持ち手含まず)、600g。『専用蓋 大』幅24.3×奥行き24.3×高さ5cm(持ち手含まず)、900g。本体、持ち手はステンレス。日本製。

[つくり手のこだわり]「厚さは一般的な料理用鉄板の4~5倍に相当。鉄板をレーザー加工機で正確に切断し、フチなどはプレス機で曲げています」

原材料は厚さ9mmの圧延鉄板。蓄熱性に優れているのが最大の特徴だ。

上が小、下が大。溶接なしの美しい一体成型で、耐久性は半永久的。磨き加工によりステンレスのような質感だ。

《JR東海’S REVIEW》厚い胸板と鉄板は男の憧れかもしれない(笑)

「専用蓋を使えば、蒸し焼きもできるので、BBQでは大活躍です!」(熊本さん)

〈三重〉ひと手間かけた味わいを堪能
桑原鋳工『鋳鉄 臼型コーヒーミル』
2万5704円(税込み)

商品情報はこちら>>http://e-mono.jr-central.co.jp/shop/g/gME100240001/

コーヒーは毎日飲むけれど、自分で豆を挽く人は少ないのではないだろうか。コーヒーミルで豆を挽く時の心地よい音、ハンドルから伝わる振動、豆の芳醇な香り、そして挽きたての豆で淹れた1杯は極上の味わい。『臼型コーヒーミル』は、時間に追われるビジネスパーソンが、安らぎの時間を創出するための必需品。重厚な本格的ミルで癒しのオフタイムを。

Spec:直径22×高さ14cm、6kg。本体は鋳鉄、取っ手はステンレス。日本製。

[つくり手のこだわり]「桑名鋳物は江戸時代直前の1600年頃、鉄砲の製造をしたのが始まり。400年以上の鋳物技術を生かした製品です」

総重量6kgの臼型ボディーは4つの部品で構成。ゆっくり回すことで均一な挽き目になる。

付属のスティックで中細挽きから細挽きを調整できる。コーヒー粉は受け皿も兼ねる台座に落ちてくる。

《JR東海’S REVIEW》鋳物ならではの重厚感が魅力です

「地域の工芸品としても最適な商品です。これで淹れた一杯は、格別でしょうね」(上野さん)

〈三重〉土鍋炊きご飯が手軽にできる
長谷園×siroca『かまどさん電気 SR-E111』
8万6184円(税込み)

商品情報はこちら>>http://e-mono.jr-central.co.jp/shop/g/gME100250001/

土鍋はゆっくり温度が上がり、高温を維持する特性を持つ。それがご飯をおいしく炊く条件と合致するため、炊けたご飯は甘味と粘りのあるふっくらとした仕上がりになる。『かまどさん電気』は1832年創業の伊賀焼の老舗窯元・長谷園の土鍋『かまどさん』に、電気炊飯器機能を付加。熱源にシーズヒーターを採用し、土鍋を直火にかけた時の熱の伝わり方を再現した。

Spec:幅30×奥行30×高さ26.1cm、約7.6kg(土鍋含む)。電源コードの長さは1.8m。ABS樹脂、ポリプロピレン、陶器ほか。電源はAC(100V・50/60Hz)。消費電力は1300W。炊飯容量0.5合(おかゆ)〜3合(白米)。炊飯時間目安は白米60分(蒸らし込み)、玄米約90分、おかゆ約65分。予約最大13時間。土鍋乾燥機能付き。保温機能なし。土鍋は直火不可。日本製。

[つくり手のこだわり]「直火の土鍋ご飯を電気炊飯器でおいしく炊くため、製品開発に4年、試作品は約500台、炊いた米は3tにもなるなど、こだわりました」

熱源を感知するセンサーを鍋底に小さく埋め込むことで、安定した熱供給を実現した。

タッチパネルは設定モード別に表示。土鍋の乾燥モード付きなので、手入れもラクだ。

《JR東海’S REVIEW》早速、購入を考え、妻に相談中だったりします!

「『かまどさん』で炊くご飯の旨さは折り紙付き。まさか電気炊飯器になるとは!」(宍戸さん)

〈静岡〉極上の鰹の旨味と香りに舌鼓
小林食品『高級鰹節ふりかけ「思わず舌鼓口どけ」2缶セット』
1万800円(税込み)

商品情報はこちら>>http://e-mono.jr-central.co.jp/shop/g/gSZ050320001/

たかが「ふりかけ」と言うなかれ。『口どけ』を一度でも口にしたら、もうほかのふりかけを食することはできなくなるに違いない。それもそのはずで、新鮮な日本近海の鰹を原料としたわずか1%の極上鰹節を使用し、5か月の間、熟成を繰り返したまろやかで深い香りと独特の旨味が、他の追随を許さない味わいを出しているのだ。極薄のとろける食感は絶品!!

Spec:30g×2缶。鰹本枯節削りぶし、醤油、砂糖、蜂蜜、食塩、みりん、香辛料(ジンジャー末)、原材料の一部に、大豆・小麦を含む。賞味期限は製造より1年半(10℃以下で保存)。化粧箱付属。日本製。

[つくり手のこだわり]「とろける口どけ感を実現するために0.01mmという極薄に削っています。刃の調整はとても神経を使う職人技ですね」

最高級の選ばれし1%の鰹と、熟成を繰り返した1%の本枯節から作られた極上のふりかけ。

手間と時間をかけて作られた本枯節を極薄に削り、味をつける。これらはすべて手作業だ。

《JR東海’S REVIEW》次ページの手土産に負けない逸品ですね

「風味、食感ともにふりかけの常識を超えた逸品。ご飯を何杯でもいけちゃいます」(宍戸さん)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。