人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

個性的な宿泊体験が楽しめる「エクスペリエンスホテル」が増える理由

2019.02.02

「MUJI HOTEL GINZA」

 【エクスペリエンスホテル】外国人観光客の急増に伴い、ここ3年ほどは様々な形態のホテルがオープンしてきた。さらなるホテル需要が想定される東京五輪を翌年に控えた2019年、全国的な動きはいかなるものだろうか。

「寝るだけのホテルのほか、地域や人との交流、文化的な体験などを楽しめる個性的なホテルに注目です」

 と、語るのはホテル専門誌『週刊ホテルレストラン』副編集長の森下智美さん。国内旅行でも利用したい注目の新規開業ホテルをピックアップする。

都心でも地方でもより、個性的な宿泊体験が楽しめる!【エクスペリエンスホテル】

「この場所でないと体感できない〝何か〟のあるホテルに泊まる」という付加価値訴求型のホテルが続々と登場する。パブリックスペースやギャラリーなど宿泊者と来訪者が交流できるスペースを設けたり、泊まっても泊まらなくても楽しめる魅力ある施設が増えている。例えば、4月4日に東京・銀座にオープン予定の「MUJI HOTEL GINZA」は、館全体で「無印良品」の世界観を具現化。館全体のデザインはもちろん、客室の家具、アメニティーほか、コンセントやスイッチの位置などを通してその思想を体感できる。また、自転車と一緒に泊まれる駅舎内のホステルや、35歳以下ならいつでも1人1泊5000円台という星野リゾートの新業態ホテルは若者旅をサポートしてくれる。

〈4月4日OPEN〉無印良品の世界観をまるごと体感できる「MUJI HOTEL GINZA」

住所:東京都中央区銀座3-103-3、4、6、14、15、21、40(地番) 客室:全79室

          ©竹中工務店「MUJI HOTEL GINZA」複合ビルの6階の一部から10階までが『MUJI HOTEL GINZA』となる。6階はホテルのフロントとレストラン、複合的なデザイン文化の発信基地「ATELIER MUJI GINZA」が併設される。

泊まる「アンチゴージャス、アンチチープ」がコンセプト。タオルの手触りやスイッチの位置からも無印良品の世界観を感じ取ることができる。

買う地下1階から地上6階の一部は無印良品の新旗艦店『無印良品 銀座』となる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。