人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.08

ソニー初となる8K液晶テレビ ブラビアMASTER Series「Z9G」を発表

米国ネバダ州ラスベガスで開催される「CES 2019」の記者会見にソニー株式会社 社長 兼 CEOの吉田憲一郎氏が登壇。次のようなコメントを述べた。

「ソニーは、『クリエイティブエンタテインメントカンパニー』です。音楽・映画・テレビ番組・ゲームといった 様々なエンタテインメント分野で、世界を魅了するコンテンツクリエイターと連携するとともに、ソニーのハードウェアと テクノロジーによって、クリエイターの創造性を広げることに貢献しています。また、クリエイターが生み出すコンテン ツを高い品質でユーザーに届けることができるハードウェアを提供し、クリエイターとユーザーを繋いでいます。」

「プレイステーション」やデジタル一眼カメラαTMなど、優れたエンタテインメントやプロダクトの周りには、 同じ関心や興味を持つ人々が集う「Community of Interest」が生まれると説明し、「私たちは、テクノロジーを通じて 最高のエンタテインメント体験をお届けすることで、世界を感動で満たしていきます。」

また、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント モーション・ピクチャーズ・グループ 会長のトム・ロスマン氏、 ソニー・ピクチャーズ アニメーション 社長のクリスティン・ベルソン氏も登壇。

ソニーが目指す姿を実現するには、 最先端のテクノロジーに加えて、魅力的なコンテンツ制作と長期的なコンテンツ IP 戦略が重要であると説明。 さらに、ソニーの CineAlta(シネアルタ)カメラ『VENICE』(ベニス)や、フルサイズミラーレス一眼カメラ『α9』などが テレビ番組や映画製作に活用された例や、クリエイターの制作意図を忠実に再現するテレビの新ラインアップとして、 ブラビア MASTER Series(マスターシリーズ)を紹介した。

次に、ソニー・ミュージック エンタテインメント CEOの ロブ・ストリンガー氏が登壇し、ブランドプロモーション“Lostin Music” (ロスト・イン・ミュージック)で、アーティストの音楽とソニーの最新技術を融合させた例を紹介。

また、 ソニーが提供する音楽体験「360 Reality Audio(サンロクマル・リアリティオーディオ)」によって、ユーザーに新しい 音楽体験を届けていくと述べた。

「CES 2019」ソニーブース概要

ソニーブースでは、「ビジュアル・エンタテインメント」「ミュージック・エンタテインメント」「α」「プレイステーション」などのエリア別に、最新のハードウェアとテクノロジーによってクリエイターとユーザーを繋ぎ、最高のエンタテインメント 体験を届けるためのソニーの取り組みや商品を紹介。

ソニーブースの中心にはステージを設置し、1 日に数回、グラミー賞受賞経験のある音響エンジニアやプロフェッ ショナルフォトグラファーなど、コンテンツクリエイターのトークショーや映像上映を実施。

各トークショーは、 ソニーの最新商品を活用しクリエイターが生み出したコンテンツとともに、クリエイターの作品創りへの思いを伝える内容となっている。

ビジュアル・エンタテインメント

クリエイターの制作意図を忠実に再現しユーザーに届けるソニーのブラビア MASTER Series(マスターシリーズ)の新ラインアップと、その高画質・ 高音質を実現するテクノロジーを紹介。

ソニー初の 8K 液晶テレビ ブラビア MASTER Series『Z9G(98/85V 型)』は、 次世代高画質プロセッサー「X1TMUltimate(エックスワン アルティメイト)」に、8K 超解像アルゴリズム用の専用データベースを内蔵し、あらゆるコンテンツを8K 解像度にアップコンバートする「8K X-RealityTM PRO(エックス リアリティ プロ)」を実現。

また、進化した独自のバックライト技術「Backlight Master Drive (バックライトマスタードライブ)」において、8K 用に最適化したバックライト LED モジュールと制御アルゴリズムを新規に開発した。

これらの技術を組み合わ せることで、映像を高精細・高コントラストでリアルに映し出す。さらに、画面の上下に配置される 4 つの スピーカーを搭載した「Acoustic Multi-AudioTM(アコースティック マルチ オーディオ)」により、あたかも画面から 音が出ているような体験と、大画面の 8K 映像の臨場感に相応しい迫力ある高音質を実現。

4K有機ELテレビの新フラッグシップ ブラビアMASTERSeries『A9G(77/65/55V型)』は、壁掛け時、従来に比べ 約1/2の薄さで空間に溶け込むスタイルを実現した。

また、X1 Ultimateに加えて、深い黒から高輝度の鮮やか な色まで忠実に再現する独自のパネル制御技術「Pixel Contrast Booster(ピクセル コントラスト ブースター)」を搭載。

画面自体から音が出る事で、映像と音が一体となった臨場感あふれる高音質サラウンドを体験できる高音質技 術「Acoustic SurfaceTM Audio+(アコースティック サーフェス オーディオプラス)」や「センタースピーカーモード」 に加え、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」に対応。

さらに、ソニーの画質エンジニアがコンテンツの制作意図を伝えるためにクリエイターとともに作り上げた「Netflix 画質モード」 や、「IMAX Enhanced」を、Netflix コンテンツや最新映画とともに紹介する。

8K 液晶ブラビア『Z9G シリーズ』

ミュージック・エンタテインメント

ソニーのテクノロジーとアーティストの共創をテーマに、新たに、全方位からの音に包まれる「音場」を作り出す音楽体験「360 Reality Audio」を紹介。ハイレゾリューション・ オーディオ(ハイレゾ)による「高音質」とノイズキャンセリングに代表される「高機能」に加わる、新しい音楽の楽しみ方を提案する。

「360 Reality Audio」は、ソニーのオブジェクトベースの空間音響技術を使い、 ボーカル、コーラス、楽器などの音源に距離や角度などの位置情報を付けて全方位に 配置したコンテンツを、ライブ演奏をする場に入り込んだかのように臨場感豊かに再生する立体音響体験だ。

対応コンテンツは、主要音楽レーベルと協力して制作し、音楽配信サービスから提供される予定だという。ブースでは、 13 個のスピーカーで構成されるマルチスピーカーシステムやステレオヘッドホン『MDR-Z7M2』を使ったデモを実施。また、「360 Reality Audio」体験を実現するスピーカーも参考展示する。

また、ソニーのビデオ・オーディオ事業を担うソニービデオ&サウンドプロダクツと、世界的なライブ・エンタ テインメント企業であるライブ・ネーション・エンタテインメント(ライブ・ネーション)は、「360 Reality Audio (サンロクマル・リアリティオーディオ)」の普及に向けて、対応コンテンツの企 画・制作で協業すると発表した。

360 Reality Audio は、ソニーのオブジェクトベースの空間音響技術を活用し、アーティストがライブ演奏をする 場に入り込むような、全方向からの音に包まれる音楽体験。今後、主要音楽レーベルの対応コンテンツが Deezer(ディーザー)、nugs.net(ナグズネット)、Qobuz(コボス)、TIDAL(タイダル)などの音楽配信サービスから提供され、ヘッドホンなどの対応オーディオ機器で再生可能となる予定だ。

この協業を通じ、ライブ・ネーションが運営する施設で行われる The Wombats(ザ・ウォンバッツ)、AJR(エー・ ジェー・アール)、Good Charlotte(グッド・シャーロット)、Kodaline(コーダライン)などのアーティストのライブ音源 が収録され、「360 Reality Audio」対応コンテンツとなる予定だという。

さらにライブ・ネーションが運営する全米 6 カ所のコンサートホールなどで、ソニーと 360 Reality Audio のブランディング活動も実施する。

このほか、ソニーが長年培ってきた高音質技術を結集したハイレゾ対応のオーディオ商品群である Signature Series(シグネチャーシリーズ)や、昨秋発売し、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現した、 ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット『WH-1000XM3』を展示する。

α

クリエイターの撮影意図に応え、新たな映像表現を可能にするフルサイズミラーレス一眼カメラ『α9』と
α7 シリーズ、および G マスターTM をはじめ充実したミラーレス専用設計のレンズ群をプロフェッショナルフォトグラファーの作品とともに紹介。

また、ソニーは一つのマウント(E マウント)で多彩な静止画・動画のカメラをカバーし、豊富な専用レンズが生かせ る商品群の拡充を推進している。フルサイズと APS-C サイズのイメージセンサーに対応する E マウントのデジタル 一眼カメラ α や XDCAMTM メモリーカムコーダー、映画製作用の CineAlta カメラの『VENICE』を一堂に展示する。

同社は、ミラーレスカメラの5つの基本要素(画質・スピード・機動性・スタミナ・専用設計レンズ)において、より高い 性能や機能などの実現を目指しているが、ブースでは、この5つの基本要素を体感できる各種参加型撮影コーナーを設置。プロフェッショナルを支える高速・高精度・高追従 AF 性能や瞳 AF 機能を搭載するαならではの体験が楽しめる。さらに本エリアのスタジオでは、ダンスなどのパフォーマンスの撮影体験ができる。

プレイステーション

ソニーが誇る最も大きな「Community of Interest」である「プレイステーション」は、全世界累計実売が 9,160 万台を突破した『プレイステーション 4』(PS4)と全世界の月間アクティブユーザー数が9,000万を超える 「プレイステーション ネットワーク」を軸に、ますます拡大。

ブースでは、PS4の魅力を高め、ゲーム体験をより豊かにするバーチャルリアリティ(VR)システム『プレイステーション ヴィーアール』による、VR の特性を活かしたアクションゲーム『ASTRO BOT: RESCUE MISSION』などを、実際に楽しむことが可能だ。

また、ブース内に設置した 2 台の『グランツーリスモ SPORT』の試遊台での対戦の模様や、「プレイステーション」で 楽しめるさまざまなゲームコンテンツのプロモーション映像を、横約 4.9 m×縦約 2.7 m の Crystal LED ディスプレイ システムによる、4K HDR の迫力ある大画面で観ることができる。

関連情報:https://www.sony.jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ