人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

即採用されるプレゼンに共通する2つの要素

2019.01.16

採用担当者の前で、学生がプレゼンを行う企画が、2018年11月に実施された。その「シンアド★ドラフト会議2018 season1」というイベントは、株式会社ホールハートが運営する広告・PR・デジタル・IT業界の就活・就職サイト「シンアド就活」によるもの。中には、プレゼンにより、ほぼ「即採用」になったケースもあったという。そのプレゼンとはいったいどのようなものだったのだろうか? 就・転職者にとっては気になるそのプレゼンの中身を聞いてみた。

「自分プレゼン」でその場で採用された人はいる?

このイベントでプレゼンをして実際に「即採用」される人はいたのだろうか? シンアド就職の担当者に聞いてみた。

「実際に『即採用』された方はいらっしゃいます。イベント終了後に、そのまま『自社に来ないか?』と社長の車でさらわれていったAさんという学生さんもいました。そしてその後2ヶ月で『即採用』となり、現在も第一線で活躍されています。

ドラフト会議に参加している採用担当者には、最終の決定権がないこともあるため、そのまま即採用や内定というのはむずかしいこともありますが、最高点をもらえた学生は、企業から高い評価を受けた上で選考に進むことになるため、そこから選考に進んで数ヶ月後に結果的に内定になり、そのまま『採用』に繋がるケースが大半です」(シンアド就活担当者)

採用に至った高得点の優秀「自分プレゼン」

現場で自社に来ないかと誘われ、そのまま社長の車に乗って会社へ行き、最終的に採用に至った人の優秀な「自分プレゼン」とは、どんな中身だったのか見ていこう。

【Aさん(男性)のプレゼン】

テーマ「これが就活ガチ勢だ!」

●過去頑張ったこと

バスケットボール(小学5年から10年継続、インターハイ出場など)
→ブラック企業ならぬブラック部活であったため「忍耐力」が身についた。

●今頑張っていること

ベンチャー企業での長期インターン
既存事業の赤字をいかに黒字にするかに取り組み、2ヶ月連続黒字化。MVP3回獲得。「行動力」「スピード感」という強み。

●絶対誰にも負けないこと

「行動力×泥臭さ」
趣味として「社会人巡り」を行っている。2ヶ月で43社、目標は「日本一名刺を持っている大学生」。

●将来やりたいこと

・「誰よりも“人”を知っている“人”のプロ」になる!
・バスケットボールを日本一のプロスポーツにする!
・「スピード感がある×他業界との関わりを持てる×規模感の大きい」仕事に携わる!

●まとめ

誰よりも“行動”し、誰よりも“目立つ”

このプレゼンについて、シンアド就職の担当者は、次のように解説する。

「前提としてお話しておかなければいけないのは、ドラフト会議は、学生の『良し悪し』で評価が決まるのではなく、その企業との『相性』の部分が大きいということです。『合うか合わないか』が重要なので、同じプレゼン内容であっても、見る側によって評価は180℃変わることもあります。実際にAさんのプレゼンも参加企業のすべてが高評価をしたわけではありません。即採用となる学生ほど、賛否が分かれる傾向にあります」(シンアド就活担当者)

「即採用」されるプレゼンの共通点

(プレゼンイメージ)

シンアド就職の担当者は、「即採用」されるプレゼンの共通点は、「誰にも負けない武器がある」ことと「未来がその企業のビジョンにシンクロしているか」の2点にあると述べる。

●誰にも負けない武器がある

「『これだけは誰にも負けない!』と言えるものがある学生のプレゼンは企業の印象に残ります。Aさんの場合は、『日本一名刺を持っている大学生』であることをアピールしていました。たくさんの人と会うことで、ネットでは決して得られない情報を得たいと考え、交流会への参加やOB訪問など様々な手段を用いて社会人巡りをしたそうです。また、『2ヶ月で50社の人と会う!』というように目標を決め、そのために必要なPDCAサイクルを回していたとか。今回『即採用』につながったのは、エピソードに『数値』を交えて客観的な情報を加えて魅せたことが大きかったようです」(シンアド就活担当者)

●未来がその企業のビジョンにシンクロしているか

「企業が最も知りたいことは、学生がどんな「未来」を描いているかです。プレゼンは過去・現在・未来の順で進めてもらうフォーマットになっています。学生のプレゼンでは過去と現在については、さまざまな成功エピソードが出てきます。学生団体で企業とコラボして何々を開発したとか、サークル活動で全国何位を取ったとか。それはそれで素晴らしい結果なのですが、企業が知りたいのは、10年後、20年後の自分像をどのように描いているかなんです。企業は企業のビジョンと学生の考え方がマッチングすれば、自社で活躍する学生だと判断するのです。

Aさんの場合は、将来は、10年間続けたバスケットボールをよりメジャーなスポーツとして周知させたいという夢を持っています。その実現を目指し、企業の長期インターンで取り組んでいる『人を動かす』ことと『人を集める』ことを仕事にし、『誰よりも“人”を知っている“人”のプロ』になりたいと、熱く語っていたのが印象的でした。企業からもその点が高く評価されていました」(シンアド就活担当者)

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。