人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.30

ゆうちょ銀行、3メガバングも参入!銀行系こそQRコード決済の本命か?

QRコード決済

 【QRコード決済の本命】キャッシュレス化において、欧米諸国に遅れをとる日本。経済産業省は現在、20%程度のキャッシュレス決済比率を、2025年に40%に高める目標を掲げる。多くのQRコード決済サービスが加熱する中、従来型のプラスチックカードをよりセキュアにした次世代クレカも登場。IDやパスワード管理の煩雑さを考えて、自分の手のひらで生体認証する、手ぶら決済の開発も進む。キャッシュレス化は、東京五輪時のインバウンドの利便性ではもちろん、人手不足解消の施策としても有効。無人レジや無人コンビニなどの開発スピードもさらに加速しそうだ。

大手IT企業に続いてゆうちょ銀や3メガが参入【銀行系 QRコード決済】

QRコードを読み取って支払うQRコード決済。『LINE Pay』や『楽天ペイ』に加え、2018年はドコモの『d払い』、『Amazon Pay』、ソフトバンクとヤフーの共同出資会社が『PayPay』を開始するなど、大手IT企業の参入が相次いだ。そして次は銀行系サービスの番だ。

約1億2000万の通常貯金口座数を誇るゆうちょ銀行や、合計9000万を超える個人預金口座を有する3メガがQRコード決済を始めることで、急速に普及することが期待されている。銀行は地域の店舗とのつながりが密接。加盟店拡大にも大きく貢献しそうだ。

銀行系サービスが続々登場

2019年2月予定【ゆうちょ銀行】ゆうちょPay

横浜銀行やふくおかフィナンシャルグループが展開する銀行Pay(マルチバンク対応)を導入予定。店舗側のQRコードを読み取り、銀行口座から即時決済できる。

2019年度中【メガバンク】BankPay

三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)、三井住友FG、みずほFGのメガバンク3社が、QRコードの規格統一『BankPay(仮称)』で合意。スマホ決済を開始予定。

BankPayメガバンクが参入することで、キャッシュレス化の加速が期待される。

【地方銀行】&Pay

2018年10月23日より本格始動。現在、常陽銀行と連携し、茨城県内の加盟店を開拓。2019年1月より北洋銀行と連携し、札幌市内で実証実験を開始予定だ。

【地方銀行】銀行Pay(マルチバンク決済)

GMOペイメントゲートウェイが基盤システムを提供する『銀行Pay』により、横浜銀行が『はまPay』、福岡銀行、熊本銀行、親和銀行の3社が『YOKA!Pay』、りそなグループ(りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行)が『りそなPay』を提供。ほかの銀行の加盟店でも利用できる。

QRコード

取材・文/綿谷禎子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。