人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.08

加湿のしすぎによる室内の結露やカビやダニの発生を防ぐ自動湿度調整機能付きのUV殺菌加湿消臭器「LEDピュアHH1+」

通常の加湿器の問題として、加湿し過ぎによる、室内の結露、カビやダニの発生があげられる。カビやダニは、室温20~30℃、湿度70%以上の環境を好む。この問題を防ぐために「自動湿度調整機能」を採用し、噴霧量を3段階に切り替えて湿度を最適化する優れものが、レジオネラ菌とインフルエンザウイルス対策に最適な『UV殺菌加湿消臭器LEDピュアHH1+』だ。

UV殺菌加湿消臭器LEDピュアHH1+

水タンクの底部に水殺菌用の波長275nmの深紫外線UV-LEDを配置したのは、前回の「HH1」と同じだが、光出力がHH1の約2倍になり、殺菌効果が飛躍的に高まった。また、波長275nmの深紫外線UV-LEDは、従来品約3.4mWだったのに対し、7mWと2倍に。寿命は、1万時間の長寿命で、1.8Lの水タンクの細菌(大腸菌)を約15分(HH1は30分)で死滅させる。

殺菌消臭器として好評のAH1同様に、HEPAフィルターでPM2.5以下の超微細粒子を99.9%捕獲、波長365nmUV-LEDとVioledsフィルター(光触媒)で臭いの分子を分解消臭。カラーはホワイトとブラックの2種類で価格は¥37,800。

関連情報/https://ledpure.jp/onlineshop/detail/0402/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ