人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.09

ファーウェイのスマホの年間出荷台数が昨年2億台を突破、最高記録を更新

ファーウェイ コンシューマービジネスグループは、2018 年のファーウェイスマートフォン出荷台数(Honor ブ ランドを含む)が 12 月 25 日に 2 億台を超え、自社過去最高記録を更新したことを発表。P20 シリーズ、Mate 20 シリーズ、Honor 10など Huawei および Honor ブランドの各モデルは売れ行きが好調だという。

過去8年間、ファーウェイのコンシューマービジネスグループは「お客様中心主義」を堅持し、ユーザーひとりひとりに価値を提供するために革新技術を使用してきたという。イメージング、バッテリー寿命、通信そしてAIなど産業界でも極めて注目の集まる、日々技術革新が進み競合ひしめく技術分野においてトレンドをリードし、世界中から支持を得ている。

同時にスマートフォンは今や、現実世界と仮想世界の架け橋としてその役割を担いつつあり、スマートフォン がこの役割を担い続けるためには、そこで扱われる情報量も情報保護もより多く、大きくなっている。そのためファーウェイは、卓越した製品を生み出すことと等しく、プライバシーとサイバーセキュリティを最優先事項とし、それは世界中のユーザーとファーウェイとの約束であると考えている。

ファーウェイはプライバ シー保護を商業的利益より優先し、世界でも非常に厳しい GAPP(Generally Accepted Privacy Principles) のプライバシー保護技術の枠組みと、EU の GDPR(General Data Protection Regulations)の要件を遵守。さらに PbD(Privacy by Design)の指針を堅持しており、製品の開発、デザイン、 セールス、サービス、購買におけるあらゆる企業活動に適用しているほか、オープン ARM チップアーキテク チャと Google Android システムをベースに、スマートフォンのセキュリティをさらに強化してきた。

これらの努力が実り、ファーウェイのスマートフォン出荷台数は 2010 年の 300 万台から 2018 年には 2 億 台に伸び、約 66 倍になったという。

かつてはスマートフォン世界市場のランキングにおいて「その他」の位置だったファーウェイ。現在はトップ3スマートフォンにランクされている。2018年の第2四半期と第3四半期には、世界第2位の スマートフォンメーカーとなり、世界市場のシェアは14.6%だった。

ファーウェイのスマートフォンは現在、世界 170 カ国以上で 5 億人以上のユーザーにサービスを提供。業界を代表するブランド研究機関のひとつである IPSOS のレポートによると、グローバルの消費者イ メージにおいてファーウェイは進歩的で、革新を牽引する能力があり、信頼に値するとの評価を得ている。

ファーウェイのコンシューマービジネスグループ CEO である Richard Yu氏は次のようにコメントしている。

「将来に向けて、ファーウェイのコンシューマービジネスは常に変わることなく『首尾一貫したお客様第一主義』 という理念を貫きます。たゆまぬイノベーションによって、スマートフォンの進化という大きな潮流においてそ の開拓者であり、リーダーであり続けるよう、あらゆる努力を惜しみません。ファーウェイが世界中のみなさ まに真に愛されるように、価値を創造し続けます。」

関連情報:https://www.huawei.com/jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ