人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.13

お茶を淹れる男性がモテる!女性の心を癒すお茶の淹れ方

■茂木雅世のお茶でchill out!

女友達が集まって話していると、1時間もしないうちに誰かが1回は口にする言葉があります。

それは…「あー癒されたい」

癒されたい。

そう…私たち女子は、なぜだか知らないがいつでも癒されたい生きもの。

動物に触れたり、旅行や買い物に行ったり、癒される方法はいくつもあれど、出来れば男性にも癒やされたい。

「いやいや俺たちの方が癒されたいぞ」と男性のみなさんの声が聞こえてくるようですが…(笑)

では、具体的に何をしてもらったら癒されるのかというと・・・
「ひたすら話を聞いてもらいたい」「とにかく甘やかしてほしい」「全ての家事をしてもらいたい」などなど、男性にとっては苦行のような注文の数々が挙がる中、しばしば出るのが「お茶とか淹れてほしいよね」という言葉。

私がお茶の仕事をしているから出る話題というのもあるかもしれませんが、男性にお茶を淹れてもらいたい女性は多いんだなあ~とその度に思っていました。

確かに、お茶は癒されます。

「お疲れ」なんていって、おいしいお茶を男性から差し出されたら、きゅんとしない女性はいないのではないでしょうか。

「おいしいコーヒーを淹れることが出来る男性も素敵だけど、おいしいお茶を淹れられる男性はもっと魅力的に感じるよね」

そんな言葉を聞いた時に思いました。

もしかしたら時代は、お茶をおいしく淹れられる男性を必要としているのではないかと。

ここ数年、突然お茶にドはまりして茶道教室に通い始めたり、全国各地のおすすめのお茶を自宅に常備しだしたり、産地まで足を運びお気に入りの急須を手にしたりと、お茶にはまる男性が急増していることも、言われてみれば偶然ではないかもしれません。

ビジネスシーンでもプライベートなシーンでも男性女性関わらず、「ちょうどいい感じ」で人の心を掴む、癒せるお茶。

お茶というツールを使って、誰かを喜ばせることが出来るというのは結構使える手だと思います。

とびっきりおいしくはいらなくてもいいんです。

そんなことより何より「お茶を淹れてくれた」という気持ちが一番嬉しいんです。

今回はお茶を淹れる際にちょっと意識するだけで感動パーセントが上がるちょっとしたコツをまとめておきます。

以前まとめたお茶の淹れ方の記事を参考に、気軽~にTRYしてみてください。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。