人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.14

モトGPの気分を味わえる600cc以下のスーパースポーツ3選【バイク図鑑】

「スーパースポーツ」とは一般的に600ccクラス以上のバイクを指すが、ここではトップブリッジ下にセパハンを装着する、攻撃的なライディングスタイルを持つモデルに定義を拡大解釈。維持費が安く済み気軽に扱える125ccや250ccからもチョイスしてみた。

カワサキ『Ninja ZX-6R】132万8400円/『Ninja ZX-6R KRT EDITON』132万8400円

600ccスーパースポーツらしい高回転域での俊敏な吹け上がり。そして街乗りでの扱いやすさ。相反する要素をバランスさせるために、あえてレースレギュレーションの枠を超えた636ccエンジンを採用。ストリートやワインディング、そしてサーキットとあらゆる走行ステージにおいて、スポーティーで爽快な走りを実現する。KRTエディションはスーパーバイク世界選手権(SBK)のカワサキファクトリーマシンイメージのカラーリングを採用。

+37ccの余裕ある排気量を生かし、主に低回転域のトルクを向上。走りのキレ味はそのままに、扱いやすさを持たせることで幅広いステージに対応可能となっている。クイックシフター、トラコン、パワーモードを装備。

https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninjazx-6r/

ホンダ『CBR250RR』78万8400円〜

低中回転域の扱いやすさと、高回転域の力強さ、そして高い運動性能を両立させるべく、軽量・コンパクト・高出力を追求した並列2気筒エンジンを搭載。250ccクラス初のスロットルバイワイヤシステムを採用し、緻密なスロットルバルブ制御を達成。3つのライディングモードにより、リラックスランからサーキットまで幅広いライディングシーンに対応する。フレームは鋼管トラス構造、スイングアームは左右非対称のガルアーム形状だ。

力強さとシャープさを備えたカウルはレイヤード構造。LEDデュアルヘッドライト&テールランプ&ストップランプ&ウインカーを装備する。フルデジタルメーターはシフトタイミング告知やラップタイマーを搭載している。

https://www.honda.co.jp/CBR250RR/

スズキ『GSX-R125 ABS』38万6640円

125ccという排気量ならではの軽量コンパクトさを生かしながら、レースの現場で培われたノウハウを投入。スズキ・スポーツバイク伝統のGSX-Rの名に恥じない運動性能を与えられた。スムーズに吹け上がるスポーティな特性のエンジンを、安定性と軽快性を両立したフレームに搭載。伸びやかな加速感とキビキビとした走りでストリートやワインディングを爽快に駆け抜ける。縦2灯式LEDヘッドライトやフル液晶ディスプレイを装備。

流れるようなボディラインは風洞実験の賜物。ペタルタイプディスク+ABSのブレーキシステム、ボタンを1度押すだけでエンジンが始動するスズキイージースタートシステム、シャッター付きキーシリンダーなど装備も充実。

http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxr125xal9/top

文/木村公次郞

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。