人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スーパーチャージャー付き231馬力モデルも!1000ccクラスのスーパースポーツ3選【バイク図鑑】

2019.01.13


公道走行可能な高性能なスポーツバイクが「スーパースポーツ」。1000ccクラスから頂上モデル3タイプをご紹介する。

ホンダ『CBR1000RR』207万9000円〜/『CBR1000RR SP』249万4800円

ホンダ伝統のトリコロールカラーをまとったスーパースポーツモデル。192ps/13,000rpmのハイパワーエンジンを搭載。スムーズな回転フィールも実現し、上質なスロットルレスポンスが得られる。中空アルミダイキャスト製メインフレームはアップデートを重ねて剛性を徹底的に調整。ライダーの操作に対してクイックかつダイレクトに反応する。SPはオーリンズ製の電子制御サスペンションを採用。幅広い状況にフレキシブルに対応する。

サーキットラップタイムも表示可能なフルカラーTFT液晶メーター採用。ストリート、サーキット、メカニックの3モードに切り替え可能だ。トラクションコントロール、ウイリーコントロールなど電子制御も多数搭載する。

https://www.honda.co.jp/CBR1000RR/

スズキ『GSX-R1000R ABS』204万1200円

高回転域のパワーアップをもたらす可変バルブシステムSR-VVTや、より正確なバルブコントロールを実現するフィンガーフォロワーバルブトレインなど、MotoGPマシン・GSX-RR直系のテクノロジーをふんだんにフィードバック。一方で、「走る・止まる・曲がる」というバイクとしての素性を徹底的に磨き上げることで、ストリートライディングにも対応する懐の深さを備えている。軽量コンパクトかつシート高も低めで、扱いやすさも有する。

前後サスペンションともにSHOWA製バランスフリータイプ採用。内部ピストンが上下に動く際にピストン上下の油圧をバランス(均等化)させることで、ライダーが路面状況を把握しやすく、旋回時のグリップ性も高まる。

http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsxr1000ral8/top

カワサキ『Ninja H2 CARBON』356万4000円

231psもの圧倒的ハイパワーを叩き出すのは、スーパーチャージドエンジン。カワサキがガスタービンや航空宇宙など各事業の技術を惜しみなく投入して自社開発したスーパーチャージャーにより、全域で強烈な加速を見せる。トラクションコントロール、ローンチコントロール、エンジンブレーキコントロール、インテリジェントABS、クイックシフターなどの電子制御を搭載し、ハイパワーをさまざまな走行シーンでも扱いやすくしつけている。

翼断面形状のミラーステーはハイスピードマシンの証。アッパーカウルは軽量高剛性なカーボンファイバー製。フルカラーTFT液晶スクリーン、走行ログを記録・閲覧できるスマホ接続機能、全灯LEDなどギミックも豊富だ。

https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/ninjah2carbon/

文/木村公次郞

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。