人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

昭和世代VS平成世代、大学受験生の生活はどう変化した?

2019.01.06

もう間もなく受験シーズン。保護者は受験を迎える我が子にどう接すればいいのか悩む時期だろう。とはいえ、30年以上前と現在とでは、受験生を取り巻く環境も大きく変化している。

タイムカレントは「昭和」時代に大学受験を経験した48歳~59歳の四年制大学卒業資格保有者と、「平成」時代に大学受験を経験した、18歳~21歳の現役大学生を対象に、「大学受験に関する意識・実態調査」を実施した。受験生や保護者の方は参考になるかもしれないので紹介しよう。

昭和世代VS平成世代 『大学受験生』の実態

試験の当日に予想外の事態やトラブルが発生したかどうかを聞いてみたところ、「発生した」の回答は昭和世代ではわずか4.3%だったのに対して、平成世代では3倍以上の13.8%。

この結果から本番試験までの事前準備として「当日の持ち物チェック」、「体調管理」、また試験当日は、十分に余裕を持った時間に出発すること、さらに、試験会場までの行き方については事前に把握しておくことも重要な対策と言えそうだ。

平成世代・昭和世代ともに、圧倒的に多い持ち物は「受験票」「筆記用具」「参考書・ノート・メモ」「身分証明書・学生証」となったが、昭和世代では「カバン(本番試験当日用)」と「腕時計」が上位にランクイン、平成世代では「スマートフォン」や「飲み物」が上位となった。

本番試験で自分の実力を発揮できるかどうかは、合否の鍵を握るとても重要な要素。平成世代と昭和世代それぞれに、試験当日の事を想いだしてもらい、5段階で自己採点してもらつた。両世代ともに「まあまあ発揮できたと思う」の評価が最も高くほぼ半数を占めたが、「十分に発揮できたと思う」では、平成世代が22.5%だったのに対し、昭和世代は12.5%となった。

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。