人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.29

EInkパネル搭載AndroidタブレットBOOXシリーズにフロントライト採用の小型軽量モデルなど3機種が仲間入り

SKTは、ONYX-INTERNATINAL製のEInkパネル搭載Androidタブレット「BOOX Poke Pro(ブークスポケプロ)」「BOOX Nova(ブークスノバ)」「BOOX Note Plus(ブークスノートプラス)」の3機種をAmazon.co.jpで発売した。価格は6インチパネルの「BOOX Poke Pro」が23,800円(税別)、7.8インチパネルの「BOOX Nova」が33,800円(税別)、10.3インチの「BOOX Note Plus」が59,800円(税別)。

電子ペーパーEInkパネル搭載のAndroidタブレット「BOOXシリーズ」の新モデル3機種が日本上陸。「BOOXシリーズ」は視認性が高く、省電力のEInkパネルを採用しているため、電子書籍リーダーとして利用されることが多いことから、今回「Boox Nova」と「Boox Poke Pro」の2機種にフロントライトを採用。薄暗いところでも電子書籍が読めるようなったうえ、小型軽量モデルなので持ち運びも簡単だ。

また、「Boox Note Plus」は従来のNoteからフラットパネルに変更されたため、ベゼルのひっかかりがなくなり、スタイラスペンで記入しやすいよう改良されている。

3機種ともCPUは1.6GHz駆動のクアッドコアで、Bluetooth は4.1に対応。純正保護ケース、ミヤピックスのノングレア保護フィルム、RavpowerのUSBチャージャー(RP-UC11)を付属する。

「Boox Poke Pro」
解像度1448×1072ドットの6インチEInkパネルを搭載。メモリは2GB、ストレージは16GB。インターフェースはMicro USB、バッテリー容量は2500mAh。本体サイズは160×114×7.8mm、重量は170g。

「Boox Nova」
解像度は1872×1404ドットの7.8インチEInkパネルを搭載。メモリは2GB、ストレージは32GB。インターフェースはUSB Type-C、バッテリー容量は2800mAh。本体サイズは196.3×137×7.7mm、重量は240g。

「Boox Note Plus」
解像度1872×1404ドットの10.3インチEInkパネルを搭載。メモリは2GB、ストレージは32GB。インターフェースはUSB Type-C、バッテリー容量は4100mAh。本体サイズは250×178×6.8mm、重量は360g。ワコム製の充電不要な電磁誘導方式スタイラスペンを付属する。

関連情報
https://sktgroup.co.jp/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ