人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.11

ありのままの自分を受け入れたい!?中高年に「グレイヘア」が人気の理由

若い頃はみずみずしい体を保っていても、歳を重ねれば寂しい変化が表れてくる。その1つが、白髪だ。顔に刻まれるシワやシミに加えて、目に見えて表れる加齢の白さに、中年以降の多くの人々が白髪染めをしてきた。しかしそれなりの手間とお金がかかる。白髪に悩む人は白髪ケアに少し疲れていたはずだ。

ところが2018年、新しい文化が誕生する。「グレイヘア」だ。これは白髪染めをしない自然でありのままのスタイルを指す言葉。40代から50代の女性を中心に話題になり、著名人たちが白髪を見せながら、それでもオシャレに見える髪型を公開した。

一時期は、若い人たちを中心に「本当にブーム?」「聞いたことがない」という否定的な声を耳にしたが、これから確実に広がっていくように感じる。なぜなら彼らはまだ白髪に無縁の世代。男性も女性も、いずれ老いればこの問題にぶち当たる。髪の毛からぴょんと飛び出た真っ白な存在に、つい考えてしまうはずだ。「白髪染めしなきゃ。でもお金と手間がかかるな……。どうしよう」。そんな悩みを一気に解決してくれるのが、グレイヘアという新しい髪型の提案だろう。

ある年齢に達すると、「若さ」と「美しさ」に敏感になる。今までは当たり前にあったものが、いつしか永遠に手放さなくてはならなくなる。その現実と闘うように、必死になって白髪に抵抗してきた人もいるはずだ。しかしグレイヘアに挑戦した人の中には、「老いはすべての人に訪れるものだから、受け入れた方が楽」、「体の老いを受け入れて、自分らしく生きたい」という、現実に肯定的な声が聞こえてくる。

グレイヘアブームは、老いに対して肯定的な意見を持つ人々が増えた、成熟した社会の訪れを示すものではないか。人は自覚している以上に、見た目に敏感だ。他人の目線だけでなく、自分の心の目線さえ気になる。しかし自力ではどうしようもないこともある。それを受け入れる文化が1つできたと考えれば、これだけ喜ばしいことはない。

2018年は、日本の社会が優しい方向にちょっぴり進んだ気がする。

文=いのうえゆきひろ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ