小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

40代ビジネスマンに求められる70歳定年制を見据えたスキルアップ

2016.03.07

 また40代では、社外にも人脈を広げたい。その年齢にもなると、上から与えられた仕事をそつなくこなすだけでは評価はされない。社外の人脈などを活用して、自分にしかできない新規事業の立ち上げなどを目指したいものだ。

「40代は何らかの肩書がついている年齢なので、社外の人脈も作りやすい。この時期に培った人脈が、65歳でリタイアした後にも役に立つこともあります」(溝上さん)

 50歳以降は、それまでのキャリアやスキルを生かしつつ、職場で良好なコミュニケーションを取りながら働こう。

「65歳定年制の職場なら、みんな同じ正社員。たとえ給与が下がったとしても待遇は同じなのだから、前向きに働けるはずです。

 再雇用になっても勤労意欲を失うことなく、割り切ってがんばりましょう。実際、企業年金ももらえるから、週2~3日の勤務で月に10万円ぐらい稼げれば十分という人も今、たくさんいますよ」

 雇用条件や職場環境がどうあれ、65歳まで働き続けることが大切だと溝上さんは語る。

●晩婚・晩産化で貯め時が遅れた分、長く働くべし

 藤川さんは、30~40代サラリーマンに対して、別の視点から長く働くことの重要性を解説する。

「今は晩婚化・晩産化がかなり進んでいます。かつては子供が独立する50歳頃から定年の60歳までが老後資金の“貯め時”でした。その後、寿命が来るまでが貯金を崩す“使い時”です。しかし、今は60歳になっても子供の学費とローンに追われる人が増えています。つまり60歳で退職すると、“貯め時”がないまま“使い時”が始まってしまう。定年延長はそんな人には不可欠の制度なのです。

 また、現在の年金財政の現状を考えると、受給開始が65歳からさらに遅くなる可能性は十分にあります。おそらく70歳受給開始という時代が早晩来るでしょう。となれば、70歳まで雇用期間が延長されるはずです」

 DIME世代にとっても長く働ける安心感は何物にも代え難い。会社に必要とされるためのスキルアップを始めるのは、早ければ早いほど良いのです。


@DIME公式通販人気ランキング


興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!Amazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2022年9月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「ドラえもん DRY BAG」! 特集は「攻める節約、守る投資」「eスポーツ観戦ガイド」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。