人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.02

管理職なら心得ておきたい最新ハラスメント事典

ハラスメントの種類にはどのようなものがあるのだろうか。今回は、ハラスメントをテーマにした記事を5つまとめてみた。

管理職ならおさえてえきたい最新ハラスメント辞典

現在40種以上もあるとハラスメントの中から代表的なものを紹介。賛否が分かれるグレーゾーン型だが、中には逮捕例があるものも。危険度も示したので注意したい。

【参考】https://dime.jp/genre/568146/

管理職ならおさえてえきたい最新ハラスメント辞典・続編

ハラスメントの本質をよりわかりにくくしているのが、ここに取り上げた新参ハラスメントだ。中には、イジメとしか思えない深刻な問題提起も含まれている。しかし、アルハラやカラハラなど、ほとんどセクハラとパワハラの派生的なグレーゾーンのものが多い。

【参考】https://dime.jp/genre/568163/

ビジョハラ、SOGIハラ、ブラハラ…多様化するハラスメントの実態

ハラスメント(harassment)とは、「嫌がらせ」を意味する英単語。今はセクハラ、パワハラ、モラハラ、マタハラなど、様々なハラスメントが社会問題化しているが、実際のところ、何らかのハラスメントを受けた経験のある人はどれくらいいるのだろうか?

【参考】https://dime.jp/genre/635841/

何がアウトで、何がセーフ?グレーゾーン型ハラスメントの見分け方

セクハラやパワハラの認知が進んだこともあり、中には「これもダメなの?」と、驚くようなグレーゾーン型ハラスメントが次々に生まれている。何がアウトで、何がグレーゾーンなのか。その対処法をコンプライアンスのプロに聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/568134/

管理職の方、必読!ハラスメントの疑いがある職場の事例集

日本産業カウンセラー協会は、日本労働組合総連合会と協力し、2007年から毎年、「世界自殺予防デー」にあわせて、「働く人の電話相談室」を開設しているが「働く人の電話相談室」開設期間内に受けた相談内容について集計を行ない、以下のように分析結果をまとめている。

【参考】https://dime.jp/genre/506638/

チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。