人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ノートパソコンのバッテリーを長持ちさせるコツ|100%まで充電すると寿命が短くなるってホント?

2019.01.01

ノートパソコンのバッテリーってリフレッシュできるの?

バッテリーを長持ちさせる方法に関連して、バッテリーをリフレッシュさせる方法もあります。NECをはじめとするメーカー製のノートパソコンには、バッテリーをメンテナンスする機能が備わっています。製品によっては、定期的に通知がくるように設定することも可能です。

リフレッシュ機能の流れは基本的に「満充電→放電→充電」です。一度完全に充電し、それをすべて放電させ、再び充電させることで、どれだけ劣化が進んでいるのか診断できます。

ただし富士通など、一部のメーカーには備えられていないので注意してください。その代わり富士通のノートパソコンには、「バッテリーユーティリティ」と呼ばれるソフトウェアが導入されています。これはバッテリーの状態を確認できたり、満充電を「100%」か「80%」に設定できたり、バッテリーの放電のモードを選べたりします。上手に活用すれば寿命が延びる可能性があります。

【リフレッシュ機能を使用する方法は?】

バッテリーのリフレッシュ機能は、Windowsの「スタート」ボタンから探すことができます。「Windows7」の場合は、「スタート」→「すべてのプログラム」から探してください。「Windows10」の場合は、「スタート」ボタンからアプリ内検索をしましょう。名称はメーカーや製品によって異なるので説明書で確認してください。

リフレッシュ機能は基本的に必要な操作がありません。パソコン本体にACアダプターを接続し、表示される画面に従って操作を行うとリフレッシュ機能が開始されます。その間、別の操作を行えるので手間がありません。注意点として、リフレッシュと診断を行うのに数時間から最大十数時間かかる場合もあります。その間はACアダプターを抜くことができないので、必ず時間に余裕のあるときに行いましょう。

ノートパソコンのバッテリーの廃棄方法は?

最後に、パソコンのバッテリーで意外に困るのが、廃棄方法です。メーカーで修理・交換作業を受けた場合は無料で回収することが多い一方、ネットなどを活用して自ら新品バッテリーを手配すると、古いバッテリーの処分に困ってしまいます。

そこで活用したいのが、全国に設置されている「充電式電池リサイクルBOX」です。家電量販店をはじめとする場所にこのBOXがあり、全国で約28000か所あります。最大のポイントは無料で回収・処分してくれることです。

バッテリーを捨てるときはショートの危険があるので、金属端子をビニールテープなどで絶縁するか、ビニール袋に入れてしっかり結ぶなど封をしてからBOXに投函するのがおすすめです。

現代人の必須といえるアイテムとなったノートパソコン。しかしバッテリーは消耗品であるため、いつか必ず交換する必要がでてきます。少しでも寿命を伸ばすためにも適切な使い方を心がけたいところです。

文/いのうえゆきひろ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。