人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.12

パンケーキ、かき氷、赤身肉、トレンドを作った「平成グルメ」振り返り

平成最後の集大成として、一度、各年にブームが起きた「平成グルメ」を振り返っている後編。平成元年(1989年)~平成29年(2017年)までに流行したグルメを前編・後編に分け、食のトレンドに詳しい「ホットペッパーグルメ外食総研」上席研究員の有木真理さんの解説の下、紹介する。最後にはホットペッパーグルメ外食総研による、平成グルメ振り返り総論も!

前編はコチラ

平成25年(2013年)

●ポップコーン

2013年に「ギャレットポップコーン」が原宿にでき、大行列。これを機に“高級ポップコーン”が大ブームに。その影響でポップコーン以外においても“既存商品の高級化”が起こった。例えば、キットカットの高級版で専門店がオープン等。安価なお菓子の高級版のはしりがポップコーンと言える。

平成26年(2014年)

●パンケーキ

「bills」の上陸で新たな食感ふわふわ系パンケーキが広まった。「Eggs’n Things」の、ソフトクリームさながらのたっぷりクリームの載ったパンケーキも海外から上陸し、大行列となった。

●ビアガーデン

「ビアガーデン=サラリーマン×ビール」のイメージから進化。女性をターゲットにしたビアガーデンが銀座、浅草、白金の八芳園などに登場し、従来のイメージに大きな変化が。

その後、屋外でBBQを楽しみながら飲めるビアガーデンが登場するなど、従来のBBQとビアガーデンの垣根が崩壊。グランピング形式なども登場し、ビアガーデンはさらに進化を遂げて手ぶらBBQも一般化した。

平成27年(2015年)

●かき氷

2015年前後から、かき氷ブームが起きた。2014年、六本木にかき氷カフェバー「yelo(イエロ)」がオープンし、深夜まで大行列に。今まで安価で大衆的だったかき氷が贅沢スイーツになった。ティラミス風かき氷やお酒の入ったかき氷も登場し、飲んだ後の二軒目に食べに行く女性も続出。全国的なかき氷ブームとなり、全国各地で水や蜜にこだわりの強い老舗店にも注目が集まるようになった。専門店も増え、フレッシュフルーツを使ったものや、中には納豆をかき氷に、といった変わり種まで登場。

●焼き鳥店の高級化

大衆的メニューの代表だった焼き鳥が高級化。希少部位を味わえたり、炭の産地にもこだわって焼くスタイルが広まったりして、ワインなどを合わせて楽しむ高級店がブームに。カウンター型の寿司屋的な形態も広がり、接待などにも使われるなど利用シーンにも広がりを見せた。

●赤身を中心とした肉ブーム

輸入肉ではなく、和牛の中でも赤身肉に注目が集まる。脂質が少なく、ビタミン豊富な高タンパク部位として、ロカボ、健康志向が広まる中でブームになる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。