人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.01

2019年はココが来る!トレンド探検隊が選ぶ先取りスポット7選

2018年の@dimeの人気連載記事から、今回は「阿部純子のトレンド探検隊」のトレンドスポット紹介記事をピックアップしました。今回ピックアップした記事以外にも興味深い記事がたくさんありますので、そちらもぜひご読んでみてください。

阿部純子のトレンド探検隊7

〝素敵な食いしん坊〟の名を持つヨーロッパ輸入菓子のセレクトブティックが南青山にオープン

 ヨーロッパ各国の老舗伝統菓子を中心とした輸入菓子のセレクトブティック「シャルマン・グルマン」が南青山にオープンした。

【参考】https://dime.jp/genre/638874/

新感覚のヌードル&バーガーが味わえるチャイニーズスタンド「Chipoon」が東京・原宿にオープン

 ラフォーレ原宿2階にあるフードエリア「GOOD MEAL MARKET」にオープンした中華料理のファストフード「Chipoon(チプーン)」は、手軽にヘルシーな創作中華が食べられるスタンド式のお店。銀座の「Renge equriosity(レンゲ・エキュリオシティ)」のオーナーシェフ・西岡英俊さん(下記画像)による、ヴィーガンを中心とした4種類のフードメニューと9種類のドリンクを揃えている。

【参考】https://dime.jp/genre/637964/

創業120周年を迎える龍名館がお茶をテーマにした「ホテル1899東京」を開業

 1899年(明治32年)に創業した「龍名館」は木造建築の旅館で、伊東深水や川村曼舟ら画家や作家といった多くの文化人に愛され、幸田文の小説「流れる」で帝国ホテルと並び在京の名店と称された。画家が宿泊代の代わりに絵画を置いていったという逸話も残されている。近年はホテル業に転換、2009年には東京・八重洲に「ホテル龍名館東京」を開業。2014年には木造旅館のあった創業地・御茶ノ水の「旅館龍名館本店」を改修、に全9室がスイートルームの「ホテル龍名館お茶の水本店」として開業した。

【参考】https://dime.jp/genre/630871/

もうひとつの京都の魅力を探る旅【森の京都編】

「森の京都」は京都中部の福知山市、綾部市、亀岡市、南丹市、京丹波町、京都市右京区京北のエリアで、豊かな森の恵みに育まれた地域。「竹の里・乙訓」は京都西南部の向日市、長岡京市、大山崎町のエリア。京の都と西国を結ぶ交通の要衝で、「かぐや姫」伝説の伝わる竹林や、歴史の舞台にも登場する歴史遺産がある地域。

【参考】https://dime.jp/genre/633900/

もうひとつの京都の魅力を探る旅【海の京都編】

「海の京都」エリアは京都府北部の宮津市、京丹後市、舞鶴市、福知山市、綾部市、伊根町、与謝野町で構成されている。日本三景の「天橋立」、“日本で一番美しい村”に認定された「伊根」など、都の京都とは異なる魅力があるエリアで、海と山の幸に恵まれた食の王国でもある。アクセス、スポット、グルメ紹介、モデルコースなど詳細は「海の京都」サイトを参考に。

【参考】https://dime.jp/genre/625351/

もうひとつの京都の魅力を探る旅【お茶の京都編】

「お茶の京都」エリア(山城地域)は京都府の南にあたり、宇治市、城陽市、八幡市、京田辺市、木津川市など12の市町村で構成されている。北は京都市、南は奈良県、西は大阪府、東は滋賀県、三重県と接している。地図、アクセス、各スポットといったエリア情報を網羅したeBOOK「お茶の京都」は無料でダウンロードできるので旅の参考に。

【参考】https://dime.jp/genre/625327/

飲み会、女子会、同窓会、デートなどシーンに合わせて選べる9店舗が集う「GEMS新橋」

 飲食特化型の商業施設「GEMS新橋」が9月25日に開業した。4月にオープンした「GEMS神宮前」と同様、1フロア1店舗形式。サラリーマン向けの居酒屋が多い新橋で、迷ったらここに来れば好みの店が見つかるような、肉料理、和食、中華、イタリアン、お好み焼きなど多彩なジャンルの9店舗が入っている。

【参考】https://dime.jp/genre/599979/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。