人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.31

ゴジラファン必見!〝聖地〟蒲田に上陸した『特撮のDNA―「ゴジラ」から「シン・ゴジラ」まで―』に行ってきた!

 2016年に公開されて大きな話題となった映画『シン・ゴジラ』。その劇中で、ゴジラの第2形態が上陸し、そして街を破壊しまくった場所、それが大田区蒲田だ。この街には、かつて松竹の撮影所もあり〝映画の街〟と呼ばれていたこともある縁の深い土地。そんな蒲田にある日本工学院専門学校の「ギャラリー鴻」で、『特撮のDNA』展が、2019年1月27日まで開催されている。

 特撮のDNA展は、これまで2016年に福島、2018年に兵庫・明石と佐賀で開催され、大人から子供まで、幅広いファンが多数来場して人気を得てきた。初の東京展が、シン・ゴジラが上陸した〝聖地〟ということもあり「―『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで ―」とサブタイトルを銘打ち、「怪獣王、蒲田来襲!」のキャッチコピーも付けられた。

 入り口を入ると、まずはシン・ゴジラの第4形態の巨大なモデルが迎えてくれる。もう、これだけで興奮度が高まる。そう、特撮は、子供だけのものではない。大人だって、小さな頃からテレビや映画で度々目にして育ったもの。「だから現在の日本人には、特撮のDNAが芽生えている」、そんな想いから名付けられた展示なの
だ。

というわけで、見学の順路は、シン・ゴジラに関連するものから始まる。この映画のゴジラはシリーズ史上初めてフルCGで描かれたものだが、デザイン検討のために描かれたスケッチや多くのモデルが作り出された。それらの実物が展示されているのだ。

 中でも見事なのが、映画を観た人ならばどこで出てくるか覚えているであろう、第4形態の着彩検討用に作られた「2号雛形」だ。様々な材料を使い、細部まで手を抜かず、まるで本当のゴジラの内部骨格の一部のように造形されている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。