人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

センスのよさをさりげなくアピールできる個性派インテリア雑貨カタログ

2019.01.06

2018年の@dimeの人気連載記事から、今回は「コウチワタルのMONO ZAKKA探訪」の記事をピックアップしました。今回ピックアップした記事以外にも興味深い記事がたくさんありますので、そちらもぜひご読んでみてください。

コウチワタルのMONO ZAKKA探訪7

ずっと眺めていたい!多彩な色で楽しませてくれるインテリア雑貨4選

当たり前のことだが、私たちは色の在る世界に生きている。だから、色が持つ影響力とは無縁ではいられないのだが、意外とそのことが考慮されていないことも多いように思う。希望した製品のカラーが品切れだった際に他のカラーを店員から薦められたりすると、「そういうことではないのだけど」と内心思ってしまう。さて今回紹介するのは、色は色でも多彩な色を持つ雑貨たち。複数の色を伴うと、ともすれば雑然とした印象になる恐れもあるが、今回紹介するモノたちはお互いを邪魔することなく共存し、むしろ互いを引き立てあっている感すらある。複数の色を楽しむ幸せをかみしめることのできる雑貨たちだ。

【参考】https://dime.jp/genre/630343/

ささやかにお正月気分を味わえるインテリア雑貨5選

気の早い話かもしれないが、11月半ばともなると次の年の足音が聞こえてくるような気もするのは私だけではないだろう。とはいっても特に一人暮らしをしている人のような場合、わざわざ正月飾りを準備したり御節を作ったりといった念入りな準備はなかなかしないかもしれない。しかし、せっかくの正月を何も祝わないのもどこか後ろめたい気もする…。そんな人は今回紹介するような小物でささやかに正月を祝ってみてはどうだろうか?その時期だけ準備することで正月を祝うという気持ちを表すこともできるし、年初という季節を実感することもできるだろう。

【参考】https://dime.jp/genre/627293/

さりげなく音楽好きをアピールしたいなら外せない「Konduct」のアクセサリー4選

人は誰しもその人なりのこだわりというものを持っていて、そのことに気づいてもらえると嬉しいものだと思う。私の場合は20年以上、合唱活動をしておりパートはバス(男声の中で最も音域の低いパート)を担当しており、そのことが1つのアイデンティティになっているといっても過言ではない。ところで、楽譜というと「ト音記号」にはみんな馴染みがあると思うが、このバスというパートの楽譜で使われているのは「ヘ音記号」というもの。つまり、ヘ音記号はバスのアイデンティティを端的に示すシンボルになるのだ。今回、アクセサリーブランド「Konduct」でそんなシンボルを表現するピンブローチを発見したのでそれを中心に紹介すると共に、このブランドで扱われている魅力的なアクセサリーたちも併せて紹介しようと思う。

【参考】https://dime.jp/genre/624964/

え、これが?加湿器に見えない個性派加湿器5選

あなたは風邪をひくときはどこからひくタイプだろうか?私の場合、どうも喉が弱いらしく風邪をひくときは喉からと決まっている。さて、私と同じように喉から風邪をひくタイプの人ならこれからの季節、気になってくるのが加湿の問題。そういうわけで今回は個性的な加湿器たちをまとめて紹介しようと思う。自宅で使えるものだけでなく、オフィスで使えるもの、車内で使えるものも併せて紹介しているので、これからの季節の準備に役立ててもらいたい。

【参考】https://dime.jp/genre/619087/

今すぐ使い始めたくなる2019年用個性派カレンダー5選

風の温度に冷たさを感じるようになると、そろそろ今年も終わりに向かっているのだと実感させられる。さて、この時期になると急に目に入るのが次の年のカレンダーや手帳たちである。そんなわけで今回は2019年になるのを待たずに使いたくなるような、そんな魅力的なカレンダーたちをまとめて紹介しようと思う。1年かけてお付き合いすることになるのがカレンダーである。今のうちから腰を据えて選んでみるのも悪くない。

【参考】https://dime.jp/genre/615600/

シュールな見た目に思考停止させられる雑貨4選

世の中にはシュールなモノたちがこんなに溢れているのだな、としみじみと感じることがある。私たちに“何とも言えない”哀愁をもたらすためだけにデザインされたかのような雑貨たち。そんな雑貨たちが世の中には多く出回っている。一時の気迷いで買ってしまおうものなら、その後、人目に触れないように気を遣うことになるかもしれないので、購入の際はくれぐれも冷静になった方が良い、かもしれない。

【参考】https://dime.jp/genre/612882/

不安定感がかえってクセになる不思議な雑貨4選

私たち人間は動くことよりも静止することの方がよっぽど難しいという。また、私たち人間の体は左右非対称であることが普通である。整ったモノ、対照的なモノの美しさに憧れる気持ちがある一方で、そうしたモノに対してどこか違和感や落ち着かなさを覚えてしまうのは、他ならない私たち人間がそもそも整った存在ではないからではないだろうか。今回紹介するモノたちに感じる安心感の源は、そうしたところにあるのかもしれない。

【参考】https://dime.jp/genre/606325/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。