人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

楽しみ方がグッと広がる!モノにこだわるアウトドア入門

2019.01.05

2018年の@dimeの人気連載記事から、今回は「大森弘恵のアウトドアへGO!」の記事をピックアップしました。今回ピックアップした記事以外にも興味深い記事がたくさんありますので、そちらもぜひご読んでみてください。

大森弘恵のアウトドアへGO!7

新型「ジムニー」で車中泊!どこまで快適に過ごせるか試してみた

 20年ぶりのフルモデルチェンジで大いに話題となっているジムニー&ジムニーシエラ。機能に徹した飾らないデザインは、往年のクロカン好きはもちろん、アウトドア好きの若年層にも新鮮に見えるようだ。今どきのクルマには珍しい角張ったシルエットで、荷室がスッキリ。フルフラットも実現するとあり、ジムニーシエラで車中泊&キャンプを試してみた。

【参考】https://dime.jp/genre/641662/

ドリップより歴史は古い!北欧式の「焚き火コーヒー」を淹れてみた

 キャンプでのコーヒーはドリップが主流。まれにパーコレーターを使っているキャンパーを見るくらいだ。  1700年半ばにドリップポットの原型が生まれ、パーコレーターは1800年代に開発されたと言われており、それ以前のコーヒー抽出方法は煮出し。スウェーデンの「レンメルコーヒー」は、ドリップコーヒーが登場する以前にスウェーデンの山仕事をする人たちがで飲んでいた抽出方法を復活させるべく、ケトルや豆を販売。焚き火にケトルをかけ、粗挽きのコーヒー豆を入れて煮出す方法で「フィールドコーヒー」とか「焚き火コーヒー」と呼ばれている。

【参考】https://dime.jp/genre/635232/

100万の星を天候に関わらず楽しめる「プラネタリウムテント」ってご存じ?

 野外料理ユニット「KIPPIS」を主宰するほか、雑誌やコマーシャルなどでキャンプシーンのコーディネートを行っている猪俣慎吾さんが、完全遮光できるテントを自作し、各地のイベントでプラネタリウム体験会をはじめた。

【参考】https://dime.jp/genre/632152/

室内でもアウトドアでも使える!新ブランド「センゴクアラジン」のプチパンとは?

2018年秋、石油ストーブのアラジンより新ブランド「センゴクアラジン」が誕生した。ブランド第1弾のラインナップは「ポータブル ガス ホットプレート プチパン」と「ポータブル ガス ホットプレート グラパン」、「ポータブル ガス ストーブ」の3アイテム。いずれもカセットボンベを使用しており、室内もアウトドアでも使えるのが特徴だ。

【参考】https://dime.jp/genre/623386/

おすすめタープ|キャンプからフリマ、イベントまで大活躍する便利な屋根【アウトドアグッズの基本のき】

タープとは強烈な日差しと雨を防ぐための屋根。テーブルやチェアをセットすれば、アウトドアに快適なリビングを生み出すことができる。1枚の布で日影を作るオープンタープと、四方をパネルで遮られるスクリーンタープやシェルターがあり、それぞれに特徴がある。特徴を知り、季節や目指すキャンプスタイルによって使い分けるのがおすすめだ。

【参考】https://dime.jp/genre/623371/

おすすめのテントは?初めてのキャンプに持っていくならコレ!

キャンプ場での家となるテント。主流はドーム型だが、設営が簡単なワンポールやトンネル型、そしてよりワイルドなパップテントや泊まれるタープなど、そのバリエーションは増すばかり。テントの種類と選び方は?

【参考】https://dime.jp/genre/616370/

セグウェイの新作にトライク!「カートラジャパン2018」で見つけた次世代ビークル

クルマでの旅をテーマにしたイベント「カートラジャパン2018」では旅に連れ出したい遊び道具やトライク、別荘にもなりそうなテント類も揃う。その中から注目アイテムを4つピックアップしてみた。

【参考】https://dime.jp/genre/610362/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。