人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.07

管理職必読!あなたの知らない若手社員たちの本音

2018年の@dimeの人気連載記事から、今回は「あなたの知らない若手社員のホンネ」の記事をピックアップしました。今回ピックアップした記事以外にも興味深い記事がたくさんありますので、そちらもぜひご読んでみてください。

あなたの知らない若手社員のホンネ7

入社3年目の本音「微妙な変化で味が変わる『ガリガリ君』開発の難しさ」赤城乳業・高橋翔平さん

シリーズ42回、赤城乳業株式会社 開発本部 商品開発部 研究開発チーム 高橋翔平さん(25)入社3年目。赤城乳業が1981年製造を開始した『ガリガリ君』は、実に年間4億本以上売り上げる。高橋さんは入社以来、数か月前まで、『ガリガリ君』の開発を一手に担っていた。彼は2年ほどの担当でリューアルを含め、30近い『ガリガリ君』の新製品の開発している。

【参考】https://dime.jp/genre/634426/

入社6年目の本音「店舗運営に必要なコミュニケーション力が足りなかった」

シリーズ40回、株式会社ローソン アジア・パシフィック事業本部 岩山淳史さん(28)入社6年目だ。ローソンは国内におよそ1万4000の店舗を展開するコンビニエンスストアである。アジア・パシフィック事業本部が担当する国と店舗はタイ約100、インドネシア約40、フィリピン約40、ハワイ2、これから発展が期待されるエリアである。

【参考】https://dime.jp/genre/605579/

入社5年目社員の本音「関西での営業から商売は人対人だと学びました」ハーゲンダッツ ジャパン・井上直樹さん

シリーズ37回目、ハーゲンダッツ ジャパン株式会社 経理財務部 井上直樹さん(28)入社5年目。  ハーゲンダッツは従業員200名ほどのアイスクリームの専門メーカー。コビニエンスストアやスーパー等で、ミニカップを主力商品に据えている。

【参考】https://dime.jp/genre/599239/

入社5年目の本音「関西での2年間の営業は和歌山ラーメンのようにコテコテでした」スリーエムジャパン・小野岡圭太さん

シリーズ36回目、スリーエムジャパン株式会社(以下•3M)コンストラクションマーケット事業部マーケティング部 小野岡圭太さん(28)入社5年目だ。3Mは世界的な化学・電気素材メーカー。他に医療、工業用品、各種接着剤、接着用テープ、張付フィルム、付箋紙をはじめ文房具等々、製品の数はおよそ5万5000にのぼる。

【参考】https://dime.jp/genre/596116/

入省3年目の本音「人生の半分近くを費やす仕事から労災をなくしたい」東京労働局・永田真梨子さん

シリーズ35回は厚生労働省 東京労働局 中央労働基準監督署 第一方面 労働基準監督官 永田真梨子さん(33)。労働基準法(以下・労基法)は労働者の保護を目的として、労働条件の最低基準を定めた法律。その労基法を施行・執行するのが労働基準監督署(以下・労基署)。監督官は労基法が遵守されているか、監視し取り締まるのが監督官の役割である。

【参考】https://dime.jp/genre/589895/

入社3年目社員の本音「涼を感じられるコンソメの料理を提案することはできないだろうか」ネスレ日本・荻原裕子さん

シリーズ33回はネスレ日本株式会社 食品事業部 フードスペシャリスト 荻原裕子さん(27)入社3年目。ネスカフェだけではない。スイスに本社を置くネスレはミネラルウォーター、ベビーフード、乳製品、アイスクリーム等々の製品を取り扱う世界最大の食品・飲料メーカー。コンソメスープのマギーもこの会社の製品である。彼女の部署は業務用のマギーのコンソメをはじめ、ココナッツミルクパウダー等の売上げを伸ばすため、レストラン、ホテル、カフェ等に自社製品を使用した料理を提案することを業務にしている。この部署で彼女はこれまでにないマギーブイヨンを使った新作を提案。周囲をうならせるのであるが――。

【参考】https://dime.jp/genre/580561/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。