人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

知れば知るほど面白い!東海道・山陽新幹線を支える最新技術と開発の舞台裏

2019.01.03

年末年始の帰省ラッシュで毎年混雑している新幹線。利用する人も多いかと思います。今回は新幹線のトリビアをご紹介。普段なにげなく利用している新幹線の新しい側面を見ることができますよ。

新幹線

JR東海が東海道新幹線に新たに搭載された防護装備品を公開

2018年6月9日、東海道新幹線の東京駅21時23分発、新大阪行きの「のぞみ」最終列車車内で男がナタを振りかざし、隣に座った女性を襲った。異変に気がついた男性が止めに入ったが、逆に被害にあって死亡し、女性2名が重傷を負うという事件が発生した。 16両の1編成で定員1323人が乗り合う新幹線。一度走り出してしまえば、次の停車駅までは密室だ。そんな車内で凶悪な事件が起きれば、乗車区たちは逃場を失ってしまう。そこで、先の事件をきっかけに議論され始めたのが、新幹線でのセキュリティ対策だ。

【参考】https://dime.jp/genre/593034/

車内で事件発生!東海道新幹線で行なわれた緊迫の不審者対応訓練の全貌

2018年6月9日、東海道新幹線の東京駅発、新大阪行きの「のぞみ」最終列車車内で男がナタで隣に座った女性を襲い、異変に気が付き助けに入った男性が逆に被害にあって死亡し、女性2名が重傷を負う事件が発生した。  JR東海ではこの事件を受けて8月22日、三島車両所で「不測の事態対応訓練」を実施し、マスコミ各社に公開した。今回はその訓練レポートの第2回目をお届けしよう。

【参考】https://dime.jp/genre/593067/

エヴァから世界一KAWAII列車へ!ハローキティ新幹線のスッピンを公開

スタイリッシュな先頭形状で高速走行する新幹線はだれもが「かっこいい!」と思ってしまう存在! でももしそんな新幹線がかわいくなったら……!? あのサンリオとJR西日本が奇跡のコラボレーション! ピンクとホワイトのカラーリングにリボンを巻いたかわいい新幹線「ハローキティ新幹線」が新大阪~博多間を走る山陽新幹線に誕生!

【参考】https://dime.jp/genre/570109/

13年ぶりのフルモデルチェンジ!東海道新幹線「N700S」東京駅初入線レポート

2018年3月に初お目見えしたJR東海の最新新幹線車両「N700S」。登場以来、各機器や走行性能を確認する試運転が繰り返されているが、6月22日〜23日にかけて、ついに東京駅に初入線! その様子が報道陣に公開された。

【参考】https://dime.jp/genre/569738/

真夜中の大規模訓練に密着!東海道新幹線の「異常時対応訓練」

日本の大動脈として日々多くの乗客が利用している東海道新幹線。国内でも非常に重要な鉄道路線ということはもはや言うまでもない。トラブルは起きない起こさないことがもちろん大前提だが、それでも万が一予期せぬトラブルが発生した際はどういった対策がなされているのだろうか!? 今回は年に一度のペースで東海道新幹線の実際の線路で行なう「異常時対応訓練」に鉄道写真家・ムラカミが潜入取材。JR関係者以外は見ることができない、東海道新幹線の異常時対策を紹介しよう!

【参考】https://dime.jp/genre/561891/

東海道新幹線N700系はここで生まれた!JR東海の研究開発拠点に潜入取材

2018年3月に、その確認試験車が披露された〝最高の新幹線〟N700S。その革新の技術を生み出し続けてきた施設が愛知県小牧市にあるのをご存知だろうか。JR東海のテクノロジーのふるさとともいえる、その「小牧 総合技術本部 技術開発部」に大潜入! 普段は絶対に入ることができない研究施設の内部をレポートしよう。

【参考】https://dime.jp/genre/541120/

空力性能から土木技術まで!先端技術のふるさとJR東海 小牧 総合技術本部 技術開発部に潜入

高速鉄道の高頻度運転を世界最高水準で実現し続けている東海道新幹線。それらを支える様々な先端技術を開発し続けているのが愛知県小牧市にある「JR東海 小牧 総合技術本部 技術開発部」だ。秘密のベールに包まれている実験施設に今回大潜入!前編に続き、実験施設の中でも最大の特徴である大型試験装置の公開レポートを鉄道写真家のムラカミがお届けしよう!

【参考】https://dime.jp/genre/541140/

構成/チーム@DIME

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクトUSB加湿器」!特集は超保存版「キャッシュレス完全攻略」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。