人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

iPhone XRは値下げ?iPhone SE2が登場?アップルの気になる噂を検証

2019.01.07

価格の影響はあるものの学割商戦は要注目

房野氏:では、iPhoneのベストバイはなんですか? 以前はiPhone XRという意見になったんでしたっけ。

法林氏:買わないことじゃないですか。

石野氏:僕はiPhone XR、いいと思いますけどね。

房野氏:私は、この仕事じゃなければスルーしていたかもって思うことがあります。

法林氏:僕はXS Maxを買ったんだけど、ちょっと失敗したと思ったのが、重くて大きいこと。「iPhone 8 Plus」を持っていたので、同じサイズだから平気だろうと思ったんだけど、20グラムくらい増えているので、ポケットに入れたときの重さが全然違うんですよ。やっぱり重い。その点、石野君がベストバイといったXRは、多少は軽いので悪くないと思います。

石野氏:「GigSky」(世界中で使えるプリペイドのデータ通信サービス。iPhoneのeSIMにも対応)を入れてデュアルSIMにすると最高にいいですよ。

房野氏:昨年、Xが出たときに名前を変えて、今後10年のiPhoneの指針となるようなモデルになるという話をこの座談会でもしましたが、そのことに関してAppleはどう思っているのでしょうか。

法林氏:新しい時代に向けたデザインを作りたいといって、8の世代でXを出して、いろんな制約を外した。ホームボタンしかり、いろんな制約を外したことは良かったと思うんですよ。ただ、その次に、ディスプレイの違いとサイズの違いで、XS、XS Max、XRの3つに広げたのが良かったのかどうかは、かなり疑問が残るし、値段はいうに及ばず、あと名前。とてもAppleとは思えないセンスのなさ。

房野氏:ファーウェイはいろんな端末を出して、幅広いレンジをカバーするのがうまいという話が出ますし、iPhoneも時代に合わせてラインアップを増やすという意見があるかと思うんですけど。

石野氏:単純に、今回は高級路線に行きすぎたのが裏目に出ちゃったかなと。

法林氏:なおかつタイミングが悪い。

房野氏:日本の販売方法の変化と重なったことも問題ということですか?

法林氏:それと重なったというのもあります。分離プランに行きましょうといっているのは、Appleとしてみれば、すごく重要な話だと思うんです。彼らとしては分離プランじゃなくて、販売奨励金が載ることを前提にして、ある程度の値段を設定していた。それでも、やっぱり今年の発売直後のTwitterの反応とかを見ていると、高いという人がいた。

 10万円を超えるスマホって結構あるじゃないですか。これくらい色々できるなら、10万円でもがんばって買おうと思えるものなのか、高いな、どうしようかなと思う、端末の内容と値段のバランスが、iPhoneは崩れたと僕は思っています。そこは、ファーウェイとかの方がバランスがいい。

法林氏:いろんな反応を見ると、今回のiPhoneは、僕は内容にともなっていない値段だと思う。確かに品質は高いと思うし、仕上げもきれいだし、すごいと思ったけれど、できることに対して値段が見合わない。だったらよっぽどファーウェイ、OPPOの方ががんばっている。画面内指紋センサーを、いの一番にやってきた。すごいじゃないですか、ワイヤレスリバースチャージですよ。よっぽどイノベーティブなわけですよ。そういうものが、今回のiPhoneにあるかといったら、ない。去年の焼き直しで、イノベーションがないと思う。だから今年のiPhoneは買いじゃないと思います。

石野氏:僕はeSIMでデュアルSIMがいいなって。

法林氏:eSIMだけでしょ。そんなのiPadで散々やっていたことなので。

石野氏:いやいや、Apple SIMとはまた違うところがいいじゃないですか。

法林氏:それは仕様の問題でしょ。

石野氏:仕様の問題なんですけど、まぁ、でも僕はXRはいいと思うんですけどね。

法林氏:そういう意味では、XRがギリギリのモデル。

石川氏:iPhoneって、ずっと2年に1回でフルモデルチェンジしてきたので、今年はマイナーチェンジの年。そもそも期待しちゃいけない年という気がします。「iPhone 6s」とか「iPhone 5s」とかと同じことなので、所詮「s」モデルでしかないって感じかな。

房野氏:2019年に登場するであろう、“XI(11)”に期待ということですか?

石川氏:うーん……

法林氏:ないと思いますよ、名前を変えるんじゃないかな。

石野氏:11ねぇ……。

石川氏:「20」かなぁ。

石野氏:8の完成度が高いということもちょっとある。そこはAppleも“次、どうしたらいいのか”感が若干あるというか。ディスプレイからホームボタンを取り除いてみましたということになれば、こういう状況なので。ただ、売れていないとはいっても、家電量販店に行くと、色によっては予約待ちしていますよね。

法林氏:あれ、操作しているって噂があるんですよ。

石野氏:マジですか。

房野氏:偏りを作っているんですか?

法林氏:という噂がずっとある。「これ、ないんですね」「実はちょっとあるんですよ、1台だけ」という話が……

房野氏:この色だけ少ないとかではないんですか?

法林氏:色の違いによって、ばらつきがあるのはその通りで、今回のXRはイエローの人気が高いですよ。

石野氏:イエロー、ブルー、レッドは結構ないんですよね。

法林氏:ただ、在庫なしとなっているんだけど、店員さんに「いつ頃入りますか?」って聞いたら、「ありますよぉ」って言われたという話があるそうなので。

石野氏:本当ですか(笑)

法林氏:それがたまたまのケースなのか、リアルにそうなのかはわからないです。

石川氏:人気のバロメータにしている人がいますよね。このキャリアが減っているから人気なんだとか。たぶん違うんだよね。

石野氏:ともあれ、まったく売れてないわけではないと思う。

法林氏:そうはいってもiPhoneだからね。

石野氏:みんなの期待値が高い。Apple自身も、なぜか発売前から増産する計画を立てているから、謎の期待値の高さがあったんですけど。なぜ、そこまで期待値を上げるのかがわからないところ。

法林氏:自分たちでハードルを高くしているよね。

石野氏:そうなんですよ。去年並みの目標にしていれば、別に問題なかったような気がする。カラーバリエを増やして期待値まで上げちゃった感じがして。すぐ手に入らないカラーもあるわけで、めちゃめちゃ売れていないわけではないし、量販店の販売ランキングを見ても、XRは結構上位、8の次くらいに入ってきている。失敗と言い切るほどでは全然ない。

石川氏:iPhoneは2年かけて売る端末。たぶん来年の今ごろはXRが上位を占めているんじゃないのかな。

石野氏:あと、学割シーズンを見てみないと、何ともいえないところもありますよね。キャンペーンで割引が付いたり、料金が安くなるので。で、選ぶのはiPhoneってことになる可能性があるので、そこを見てみないと何ともいえない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。