人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

結婚相談所に入ってもうまくいかない意外な理由と解決策

2018.12.24

婚活で最初に始めることと言えば、合コン、婚活アプリ、婚活パーティーなどでしょうか。しばらく経っても理想の人になかなか出会えない、年齢的にもう相談所に入った方が良いのだろうか、遊びでなく本気で結婚したい人に出会いたい等、様々な理由で最終的に「結婚相談所」を選ぶ方も多いと思います。筆者がこれまで婚活している沢山の女性に出会ってきた中でも、「一通り婚活したけれど結婚の意思がある人と全然出会えない。結婚が前提の人しか会いたくない」など、「最後の砦」として結婚相談所を選ぶ方を多く見てきました。

しかし、高いお金を払いながら相談所で活動を開始しても、残念ながら成果が出ない方も多くいるのが現状です。よく挙げられるのが、「そもそも相手に対する理想が高くて条件に合う人に出会えない」「アドバイザーの話を素直に聞かない」でしょうか。今回筆者が注目したのは、上記のような理由ではなく「え、こんな理由で?」とも思えること。20代後半~30代前半の婚活女性に出会って知ったリアルの声を基に、相談所に入ってもうまくいかない意外な問題点とその理由をご紹介します。後編では、相談所で成果を出していくための具体的な方法をお伝えします。

1.相談所に入ったことで安心してしまう

意外と多い理由がこちら。入会するまでは色々な相談所のサービスや料金を比較検討し、決めるまでに時間が掛かる方もいるでしょう。やっとの思いで結婚相談所に入会すると、「入っただけで安心してしまう」という気持ちになることがあります。毎月会費を払っていることで、自分の中で「活動している」という気持ちになってしまうのです。痩せようと思ってジムに入会しても、結局なかなか行かないというのもよく聞きますよね。あれと同じ原理が働いてしまうのです。でも、ジムに入会しただけでは痩せません。そこでしっかり活動(運動)することが大切なのです。結婚相談所も同じです。入会しただけでは結婚できません。沢山の方と出会っていくことで本当に「活動している」と言えるのです。

また、「専任コンシェルジュが何とかしてくれるだろう」という受け身だけの姿勢もNGです。出会いを提供してくれるのが相談所ですが、「こういう人と出会いたい」としっかり理想の条件を伝えていくことや、うまくいかない場合はコンシェルジュからアドバイスをもらい、自分を変えていくことも必要です(服装、表情からコミュニケーションの取り方など)。婚活を通して自分と向き合うことも沢山あり、時に辛い時もありますが、コンシェルジュと二人三脚で頑張るという姿勢で臨みましょう。

2.すぐに休みグセがつく

相談所を活用している・していないに関わらず、何年も婚活をしている人の共通点は「すぐに婚活を休む」ことです。月に1、2回ちょっと出会いの場に行って、良い人がいないから、忙しいからという理由ですぐに婚活を休む。一カ月活動して、数カ月休んで、また活動して・・・そうしていると、一年はあっという間です。「あぁ、今年もまた出会えなかった」と年末を迎えてしまいます。

相談所に関して言うと、活動を休むことを「休会」と言いますが、相談所のシステムが各社まちまちなのが現状です。「休会」は出来ず、休むなら即退会となる相談所や、月会費よりもとても安い料金で一カ月間休会することが可能な相談所もあります。特に後者の場合ですが、筆者が出会った女性は、「休会費が一カ月〇円なら今月休んでもいいや。疲れたら休もう」という気持ちになり、相談所を4年も続ける原因となっていました。頑張る時は頑張る、休む時は休むと、しっかりメリハリをつけて活動していきましょう。ついつい休みグセがつきそうだと思った場合は、思い切って休会が出来ない相談所(休会したければ退会)で、短期集中で活動に励むのも一つの選択肢だと言えます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。