人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

YouTuber人気はココにも波及! 平成最後の「学園祭」最新事情

2018.12.22

今年の学園祭と言えば、立教大学で橋本環奈さんのイベントが中止になったニュースが記憶に新しいが、約30校の学園祭を回った大学生専門の広告会社である株式会社ユーキャンパスの代表取締役の渡部陽氏に、平成最後の学園祭の傾向や独自の取り組みなどを聞いた。

これまで学園祭といえば流行りの芸人や俳優などによるステージイベント、人気歌手・アーティストによるライブが主流でしたが、ここ数年、若者を中心に絶大な人気を誇っているユーチューバ―をゲストに招いたトークイベントを開催する大学が、多くなってきています。

平成最後の学園祭を賑わしたゲストは…

今年度は龍谷大学「龍谷祭」と関西学院大学「新月祭」にMEGWIN・デカキン、近畿大学東大阪キャンパス「生駒祭」にカリスマブラザーズ、東京大学「駒場祭」にレペゼン地球、上智大学「ソフィア祭」に水溜まりボンド、早稲田大学「早稲田祭」にあやなん・ワタナベマホト・SUSURUなど、個性豊かな有名ユーチューバーがゲストとして大学を訪れ、動画クリエイターならではのトークショーや、屋台とのコラボレーションを行い、学園祭を盛り上げていました。

過去にユーチューバーをゲストとして招いた実績を調査してみると、2016年には1組、2017年には3組、そして今年2018年は15組と、明らかに増加傾向にあることがわかります。首都圏・関西圏の大学を中心に広がってきているという特徴もあります。

盛り上がりを見せる一方で、人気ユーチューバーのレペゼン地球によるイベントを予定していた東京大学駒場祭「東大music festival」では定刻より遅れてスタートしたイベントが、途中で強制終了し、なにも説明もなかったことから当日会場にいたファンからは批判や苦情の声が寄せられる事態となりました。

チャンネル登録者が何十万、何百万人にもなるユーチューバーには当然ファンも多いため、集客力は抜群です。受け入れ側の運営体制もいま一度見直す必要があるのではないかと感じます。

今や若者のなりたい職業ランキングで上位に位置するユーチューバー。普段はパソコンやスマートフォンでしか見ることしかできないユーチューバーをライブで生で見られることも、ゲストとしての優位性につながるのかもしれません。

意外と知られていない大学生こだわりの出店の実態

学園祭のミスコン優勝者はアナウンサーの登竜門と言われ近年ではテレビでも取り上げられるほど話題になっていますね。そんな中、意外と知られていませんが、実は学生たちの出店も近年進化を遂げています。定番の焼きそばやタピオカだけでなく、本格的な料理を提供する出店も増えてきているのです。

例えば、早稲田大学の早稲田祭では、「いちご大福研究会」が出す揚げ大福が毎年3000個以上も販売しており、話題となっております。いちご大福の研究・発信を行う彼らが作る揚げ大福は毎年施策・改良を重ね、その販売個数は年々増加しており、出店の前は常に長蛇の列ができていました。明治大学の生明祭では農学部の酪農科学研究部がジンギスカンを提供していました。自分で七輪で焼いて食べるジンギスカンは学園祭の名物となっています。

近年の出店の進化から、自分の好きなもの・研究しているものを発信したいという気持ちが強い学生が増えているのを感じます。SNSやネット配信サービス等の普及により、同じ仲間と趣味を極めたり、自分の意見・意思を発信する場所が増えている現代において、学生たちは好きなことを突き詰める、誰かに見せる、伝えることに慣れているのでしょう。学園祭も彼らの情報発信のひとつの場となっていると感じました。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。