人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

平成最後の「ポタフェス」でみつけた2019年注目のオーディオ製品はコレだ!

2018.12.29

●SENNHEISERの左右独立型『MOMENTUM True Wireless』は小さい!

今まで聞くチャンスを逃がしていたSENNHEISERの『MOMENTUM True Wireless』(実勢価格約3万6000円)を遂に聞いた。まず驚いたのはとても小さい。そして軽い。これは左右独立型のBluetoothイヤホンに重要な要素である。φ8mmのドライバーを採用して、ノイズキャンセリング機能搭載、外音取り込み機能もアプリで実現、連続使用時間は4時間、IPX4の防塵防滴性があり、操作はタッチ式である。そしてファブリック外装のお洒落な充電用ケース付き。私はSENNHEISERのヘッドホンのモニターライクな音が苦手なのだが、本機は予想を裏切り低域はタイトで高域はなめらかでやさしい音だった。さらに装着感もいい。弱点があるとすればタッチ操作で音量調整が出来ないことぐらい。かなり完成度が高いので、左右独立型の定番製品として頭角を現すに違いない。

『MOMENTUM True Wireless』はJBLやBoseと比較するとかなり小型化されている。

LRの表示がハッキリしており、内側に動作状態を示すLEDが点灯する。

●JH-AudioとAstell&Kernの関係が深まった

JH-AudioとAstell&Kernは今までも何度かコラボモデルを発売してきたが、今回、カスタムモデルも含めて販売代理店がアユートに移行された。これでアユートはAstell&Kernに加えて、Fender、AZLA、CHORDのポータブルモデルなど扱うオーディオに強い代理店になってきたのだ。

今回もコラボモデルとして、『Diana』を発表。アルミ製のフルメタルシェルを採用。3Way3BAドライバーでネーミングはMichaelJacksonの曲「Dirty Diana」にちなんだという。リケーブル対応で付属ケーブルは4N純銀と銀メッキの7N、OCC銅線のハイブリッドタイプ。φ2.5mmバランス端子で変換ケーブルによりφ3.5mmアンバランスにも対応する。ドライバーの構成は『Michelle Limited』と同じだが、アルミハウジングの影響なのか、本機の方がシャープな輪郭でよりクッキリとした印象の音だった。価格は直販サイトで9万4980円(税込)となっている。

JH-Audioの製品はカスタムIEMも含めてアユートが販売することになった。

フルメタルシェルの『Diana』登場、付属キャリングケースはバンナイズ製。

Astell&Kern『SP1000M GOLD』が参考出品された。1000Mの筐体を真鍮製にしてゴールドカラーにしたモデルだ。アルミ製のSP1000Mに比べてズシリと重く、その音は粒立ちが抑えられなめらかで、響きが豊かな感じに聞こえた。

細部の完成度も高く、販売間近かと思わせてくれた。

SE100 fripSide Edition』は限定500台のコラボモデルで、fripSide八木沼悟志氏が完全監修している。特典として本機に録り下ろしも含めたハイレゾプリインストール音源と南條愛乃さんのスペシャルメッセージが収録されている。

SR15 ウマ娘 プリティーダービー Special Edition』はTVアニメ「ウマ娘 プリティーダービー」とのコラボモデルで限定555台を設定。本体はチームスピカをイメージしたSpica Blueで塗装され、描き下ろしのオリジナルイラストを背面にマーキングしている。こちらも特典としてハイレゾ音源とスペシャルメッセージをプリインストール。

FenderからはBluetoothスピーカーの新作『INDIO』が参考出品された。発売中の『MONTEREY』と『NEWPORT』の間を埋めるサイズでデザインは『MONTEREY』を彷彿とさせる。鳴りっぷりのいいスピーカーだった。

写真・文/ゴン川野

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。