人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.22

ファイナンシャルプランナーが指南!費用がかさむ年末年始の出費を減らすコツ

年末年始は、何かと出費がかさむものだ。例えば、帰省にかかる交通費やレジャー費、おせち料理を購入するなどの特別料理や、外食費、そして暖房費をはじめとした光熱費などいつもと異なる特別費用がかかってくる。この年末年始の費用を少しでも減らしたいもの。どんな風に減らすことができるのか、ファイナンシャルプランナーにコスト削減術を聞いた。

年末年始の費用削減術

年末年始にかかるよくある費用は、どんな風に減らせるのか。ファイナンシャルプランナーで、家計の節約や片づけ術のプロである下村志保美さんに、年末年始にかかる費用の項目ごとの削減方法を教えてもらった。

1.実家帰省にかかる交通費など

「年末年始休みの少し時間のあるときは良い機会。車は燃費を良くするために、本当に必要なものだけにするなど積んであるものを一度見直すことをおすすめします。電車で帰省する際には、荷物を事前に配送しておくなどして身軽に移動するといいでしょう。宅配便は一見コストがかかるように見えますが、重く大きな荷物は混雑した電車内では邪魔になる上に疲れてしまい、不要なタクシー代などがかかることあります。また体力の節約も大事。休暇明けに疲れを残さないようにしましょう」

2.レジャー費

「最大の節約はやはり自宅で過ごすこと。お正月時期は正月料金となる施設やメニューも多いですしね。初売りなどは目に入ると買わなきゃ損、という気持ちになりやすいので、ショッピングセンターなどには、あえて行かないようにすれば、そもそも無駄使いすることもありません。年末は、家の中を思い切って要らないものを処分するなどしてきれいに片づけ、自宅で過ごしたくなる空間にするのもおすすめです」

3.年末年始のおせちなどの特別料理の食費

「年末は、大掃除のついでに災害用の備蓄食品の見直しをして数か月以内に期限切れになりそうなものは年末に食べきるようにすると、食費は抑えられます。お正月でも、家族だけのときはレトルトなどの備蓄食品を活用すると、主婦の負担も減りますし、備蓄食品の期限切れも防ぐことができるので、結果として節約につながります」

4.外食費

「外食はなるべく昼間にすることでお酒の量も減り、費用を比較的、抑えられるでしょう。また注文してから料理が出てくるまでの待ち時間が長いと、お腹が空きすぎてついつい多く注文してしまいがち。もしくは、お店をはしごしたくなるかもしれません。防ぐ方法は、飲食店へ出かける前に、なるべく予約しておくこと。すぐに料理が提供されることが多いのでおすすめです」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。