人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.01

eスポーツ実況アナに聞く、2019年に注目すべき「eプロスポーツプレーヤー」は?

 18年はプロゲーマーがドキュメンタリー番組『情熱大陸』やNHKに特集されるなど、eスポーツが大きな注目を集めた。19年は、国内リーグ設立やスポーツに欠かせないeスポーツ実況アナの登場など、環境整備と周辺への波及がカギを握りそうだ。そこで発売中の『DIME』2019年2月号「2019トレンド大予測!」で紹介しているeスポーツ実況アナの第一人者である平岩康佑さんに、eスポーツ実況に特化した理由と2019年の展望について聞いた。

ODYSSEY
平岩康佑さん

1987年生まれ、東京都出身。朝日放送の実況アナウンサーとして、プロ野球やJリーグなどを担当。2018年春に退社し、eスポーツアナとして活動。

――eスポーツに特化した実況アナを目指した理由を教えてください。

平岩:日本でも優勝賞金1億円の大会や、多くのプロリーグなどが立ち上がるなどeスポーツが盛り上がりを見せてきたので。また、アナウンサーなどの喋りのプロがeスポーツ界にいなかったので、いま目指せば第一人者になることができると思いました。

――ゲーム実況していて、eスポーツならではの魅力はどんなところに感じますか?

平岩:性別や年齢の差が一切ない点です。男女と年齢で部門が区切られることがないので、17歳の高校生がプロゲーマーを倒す大金星などがあります。東大卒の子が就活せずにプロゲーマーになったのも覚悟と思いを感じましたね。

――eスポーツ実況アナとして心掛けていることはありますか?

平岩:まず実況するゲームタイトルは100時間プレイすることから始まります。そして技の名前やそのダメージ量など、実況に必要な資料はいつでも出てくるように丸暗記します。出張が多いので、ホテルでもゲームの動きが確認できるように、ノートゲーミングPCを活用しています。

2019年はさらにeスポーツ関連の大会やイベントも増えるはず。

――2019年以降のeスポーツ関連の注目ポイントを教えてください。

平岩:今までにない賞金額の大会が日本で開かれるでしょう。ナショナルクライアントなど、大企業のeスポーツ参入や注目タイトルのプロリーグが続々発足予定ですし、賞金総額1億ドル(約110億円)の『Fortnite』ワールドカップも開催予定です。国内でもTV地上波でのeスポーツ中継や番組も増えてくるのでは。

――2019年に注目すべきeスポーツプレイヤーを教えてください。

平岩:僕が注目しているのは次の5選手です。

まず、ふぇぐ選手(『シャドウバース』プロプレイヤー、よしもとリバレント所属)。見た目はふわふわしていますが、とにかくストイック! しかも『シャドウバース』世界大会で優勝し、日本eスポーツ史上最高の100万ドル(約1億1000万円)を獲得しました。

たいじ選手(『実況パワフルプロ野球』、読売ジャイアンツ所属プロゲーマー)は、かつて『スプラトゥーン』世界一でしたが、『パワプロ』歴3ヶ月で『パワプロ』のプロ選手になりました!

あばだんご選手(『大乱闘スマッシュブラザーズ』プロ選手)も見逃せません。任天堂の超人気タイトル日本トッププレイヤーで、『スマブラ』新作での活躍が楽しみです。

ときど選手(東大卒、2017年『ストリートファイター』世界一)は、『情熱大陸』にも出演しましたが、今とにかく強いです!!

うゅりる選手(『Fortnite』プロゲーマー)は、元アジアナンバーワンです。来年の『Fortnite』ワールドカップ優勝も夢じゃない!

――最後にeスポーツ実況アナとして一言お願いします。

平岩:「ゲームなんて子供の遊びでは」と思わずに、とにかくeスポーツを見てください!

取材・文/久村竜二

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。