人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.20PR

髪とヒゲをセルフアレンジできる電動カッターの使い方【PR】

まもなく年末年始の休暇シーズン。カレンダーどおりであれば、12月29日から新年1月3日までの6日間となるが、1月4日が金曜日のため、この日を休めれば9連休も可能になる。

マクロミルが昨年行なった年末年始の過ごし方に関する調査によれば、実際の平均連休日数が6.1日なのに対し、理想の平均連休日数は8.2日だった。ということは、今年の年末年始は理想に近い、あるいはそれ以上の連休が可能ということになる。

さらに今年は12月22日~12月24日のクリスマス3連休も控えている。

以上のような背景から、JTBでは12月23日~1月3日に1泊以上の旅行に出かける人を過去最高の73.4万人と予測。平成最後となる年末年始は、さまざまな角度から話題となりそうだ。

d31978-262-971716-7
(JTB調べ)

そんな中、海外旅行など、非日常を楽しむのであれば、普段とは違う自分を〝演出〟してみてはいかがだろうか。というのも、今回のような年末年始9連休は、自由なヒゲやヘアスタイルを楽しむには絶好の機会でもあるからだ。

というわけで、今回はパナソニックの「リニアヘアーカッター ER-SC60」「リニアヒゲトリマー ER-SB60」を用意して髪とヒゲのセルフアレンジに挑戦。その様子を動画にまとめてみた。

そんなセルフアレンジは、まずサロンに行く手間を省けるという時短的なメリットがある。さらに2ブロックスタイルあれば、自宅で手軽に刈り上げ部分を整え、〝サロンに行った直後のスタイル〟に近づけることも可能。これだけでも、かなり印象は変わってくるはずだ。

一方、セルフアレンジと聞いて、すぐに「失敗」の二文字を思い浮かべる人も多いのでは。一度カットしてしまえば、その場では元に戻せない髪とヒゲゆえ、そんな心情になることも理解できる。

mb_still
左:リニアヒゲトリマー ER-SB60 右:リニアヘアーカッター ER-SC60 

だからこそ、リニアヘアーカッターとリニアヒゲトリマーをおすすめしたい。というのも、両モデルは刈り高さアタッチメントを同梱。これでカットする長さを設定すれば、それ以上にカットされない、いわば安全装置搭載のモデルと言えるからだ。

ちなみにリニアヘアーカッターであれば、0.5mm刻みで1mm~20mmまでのスタイルに対応。本体のダイヤルを操作して行なうその設定方法も、ぜひ動画でもチェックしていただきたい。

■動画はこちらから

https://www.youtube.com/watch?v=_mVAbinNucE&feature=youtu.be

ここからは今回使用したリニアヘアーカッターとヒゲトリマーの主な機能について、もう一度チェックしておきたい。

パナソニック 
リニアヘアーカッター ER-SC60

SC60

本体寸法/高さ180×幅48×奥行き49mm、約185g
刈り高さアタッチメント/アタッチメントA:1〜10mm、アタッチメントB:11〜20mm
使用可能時間/フル充電(約1時間)で連続約60分間使用可能

img01
ER-SC60の特徴としては、まず充電切れまで速度が落ちない、ハイパワーのリニアモーター搭載。毎分約9,800ストロークで内刃をダイレクトに往復駆動するため、最後まで効率よく、スムーズなカットが可能だ。

img03

また、刃の隙間面積が広く、これまで難しかった大量の毛を一度に導入できる独自の「ワイド刃」を採用。これは「固定刃」のピッチは変えずに、溝角度を小さくすることで毛の導入率をアップしたもので、スピーディーかつ美しい仕上げが期待できる。

img04

そして本体のダイヤル操作により、0.5mm単位でこだわりのスタイリングができる「刈り高さアタッチメント」を同梱。刈り高さアタッチメントAは1~10mm、刈り高さアタッチメントBは11~20mmに対応する。「刈り高さアタッチメント」を使用しない直刃では約0.5mmのカットとなる。
※10.5mmは設定できない。

パナソニック
リニアヒゲトリマー ER-SB60

SB60

本体寸法/高さ179×幅48×奥行き45mm、約180 g(アタッチメント含まず)
アタッチメント/刈り高さアタッチメント:1~10 mm、ディテールアタッチメント
使用可能時間/フル充電(1時間充電)で連続約60分間使用可能

リニアヘアーカッター と同じくハイパワーのリニアモーター搭載。毎分約9800ストロークで内刃をダイレクトに往復駆動する。

img03-1

刃にはこだわりのスタイリングに仕上げやすいナロー刃を採用。またアタッチメントには、用途に合わせて使い分けできるディテールアタッチメントと刈り高さアタッチメントの2タイプが付属する。

このうち刈り高さアタッチメントは、本体のダイヤル操作により、1mm~10mmまで0.5mm刻みでの長さ調整に対応。アタッチメントを使用しない、直刃のカットは約0.5mmとなる。

img04-1

ディテールアタッチメントは、刃の先端のみでカットできるため、細部のアレンジやライン揃えに便利だ。

そしてリニアヘアーカッター、リニアヒゲトリマー共通の機能として、刃をはずさずに毛クズやヒゲクズを洗い流せる「ウォータースルー洗浄」を搭載。メンテナンスが容易になったほか、簡単な設定でロックが可能な「スイッチロック機能」、約1時間で充電が可能な「1時間充電」機能も備える。

撮影/岩田安史(owl)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。