人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.20

近い?遠い?夫婦で会話をする時に最適な距離は「898mm」と判明

好きな人と話す時は「近づく」、嫌いな人と話す時は「遠ざかる」。人間同士が話す時、ごく自然に意識するのが”距離感”だ。今回、JTは心理学者 晴香葉子先生監修のもと”夫婦の距離”について研究を行った。

第一弾として、40組の夫婦を対象に実証実験を行い、夫婦で会話をするときに最適な距離は「898mm」という結果を導き出した。ユニークな調査結果なので紹介しよう。

夫婦で会話をするときに最適な距離は898mm

実証実験では、40組の夫婦を対象に向き合う形で設置された椅子に座ってもらい、向き合って会話をする際にそれぞれ最適な距離を申告し、それぞれの椅子の中心(目と目の距離)を測定。そして、40組80名の平均値を集計した結果、夫婦で会話をするときに最適な距離は898mmということが明らかになった。

心理学者 晴香葉子先生は

「私たちには、自分と他者との間に適切な距離を保っておきたいという欲求があり、無意識に目には見えない境界線を設定しています。その境界線より中に侵入されると強い不快感が起こりますし、それより離れてしまうと、寂しさや不満を感じます。40組 80名の最適な距離平均値は898㎜という結果になりましたが、単に平均値というだけでなく、参加者の多くが平均値に近い値を最適な距離として答えました。

この 898㎜という距離は、手を伸ばせば相手に届き、個人的な会話を楽しみやすいと考えられている距離に含まれます。実験中、ベストな距離で向かい合うと、肩がすっと下がりリラックスした表情になる人が多数見られました。たとえ夫婦であっても、お互いが心地よいと感じる距離を知り、二人にとって丁度良い距離で会話をすることは、不要なストレスを回避し、良好な関係性の維持や向上につながります。もちろん 個人差もありますが、まずは一度、898 ㎜の距離を試し、調整して、二人だけのベストな距離を探ってみてはいかがでしょうか」とコメントした。

公式サイトでは、実験結果と連動したWEBムービーを公開中。夫婦の会話をするときに適切な距離を、わかりやすくキャッチーに解説している。

関連情報/https://jt-rethink.jp/project/project_06.html
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。