人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.18

パックマン、ギャラクシアン、ディグダグ、懐かしのゲームがミニサイズになって蘇る「TINY ARCADE」

当時ハマった人にはたまらない…?懐かしのあのゲームが手のひらサイズで復活!

それが、ミニ筐体ゲームシリーズ『TINY ARCADE』だ!!

懐かしのあのゲームがミニサイズで蘇る

懐かしのアップライトタイプのゲーム筐体をおよそ18分の1スケールに縮小しながらも当時のプレイ画面を忠実に再現している。

ただのキーホルダーかと思いきや、1.44インチカラー液晶画面上にて実際にゲームをプレイすることができるのだ。もちろんゲームサウンドも当時のままを再現!

今回は登場した4つのゲームタイトルを紹介しよう。

TINY ARCADE 第一弾の4タイトル

パックマン(1980年~)

迷路の中で4匹のモンスターの追跡をかわしながら244個のドット(通常ドット240個+パワーエサ4個)を食べ尽くすとラウンドクリアとなる。

ギャラクシアン(1979年~)

上空で隊列を組んだエイリアンが1匹ずつミサイルを放ちながら降下、攻撃してくる。全てのエイリアンを打ち落とせば面クリアとなる。

ギャラガ(1981年~)

ギャラクシアンの後継機。ファイターを操り、各ステージに現れる40の敵機を倒していく。パワーアップでデュアル・ファイターとなれる。

ディグダグ(1982年~)

ディグダグを操作して地中を進み、敵を倒していく。ポンプや岩を落として敵を攻撃し、すべての敵を倒すとクリア。操作はレバーとボタンで行う。

2017年から北米を中心に販売が開始され、累計50万個以上出荷のビッグヒットを記録している『TINY ARCADE』。希望小売価格は各2,480円で2019年3月下旬に発売予定。

関連情報/http://www.happinettoys.com
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。