人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

企業理念に共感する社員が多いほど会社の業績は上がる

2018.12.20

突然だが、あなたは自社の企業理念をすぐに答えることができるだろうか?

もしかすると、意外に「知らない」「わからない」という人も多いかも知れない。今回、そんな「企業理念」についてビジネスパーソン男女410名を対象にした興味深いアンケート調査が実施され、その結果が発表されたので、早速、紹介していきたい。

ビジネスパーソンの2人に1人は、会社の「企業理念」に共感している!

Q1 あなたは現在所属している会社の企業理念に共感していますか?(n=410・単一回答方式)

全国のビジネスパーソン男女410名を対象に、現在所属している会社の企業理念に共感しているか聞いた調査において、「とても共感している(14.1%)」、「どちらかというと共感している(36.6%)」合わせて50.7%と、ビジネスパーソンの2人に1人が所属している会社の「企業理念」に共感していることが明らかに。

一方で、「全く共感していない(15.1%)」、「どちらかというと共感していない(18.5%)」と合わせて33.6%のビジネスパーソンは「企業理念」に共感できない会社に所属していることが分かった。

ビジネスパーソンの76.6%が会社の成長に「企業理念」は重要と回答

Q2 あなたは会社の成長には企業理念が重要であると思いますか?(n=410・単一回答方式)

会社の成長には企業理念が重要であると思うか聞いた調査では、「とても重要だと思う(27.8%)」、「どちらかというと重要だと思う(48.8%)」と合わせて76.6%のビジネスパーソンが、会社の成長には企業理念が重要と考えていることが分かった。

企業理念に対しての共感度合いが高い社員が所属する会社は、業績が上がっている!?

<参考調査> 「企業理念への共感度合い」と「会社の業績」との関連性(n=346・単一回答方式)

「企業理念を知らない」、「企業理念がない」と回答した方を除く346名のビジネスパーソンを対象に、「企業理念への共感度合い」に合わせて所属している「会社の業績」を聞く調査が実施されたところ、会社の業績が上がっていると回答した方の割合は、「企業理念にとても共感している」で60.3%、「どちらかというと共感している」で30.0%、「どちらかというと共感していない」で10.5%、「全く共感していない」で8.1%と、企業理念に対しての共感度合いが高い社員が所属する会社ほど、業績が上がっていることが分かった。なお、「企業理念の浸透度」と「所属する会社の業績」には相関関係があることも明らかに。

社員の間で企業理念が浸透している会社は52.6%

Q3 あなたが現在所属している会社では社員の間で企業理念が浸透していますか?(n=346・単一回答方式)

「企業理念を知らない」、「企業理念がない」と回答した方を除く346名のビジネスパーソンを対象に、自身が所属する会社では社員の間で企業理念が浸透しているか聞いた調査において、「しっかり浸透している(15.6%)」、「どちらかというと浸透している(37.0%)」と合わせて52.6%の会社では社員の間で企業理念が浸透していることが分かった。

一方で、「全く浸透していない(14.5%)」、「どちらかというと浸透していない(25.1%)」と合わせて39.6%、約4割の会社では社員の間で企業理念が浸透していないことが明らかに。

7割のビジネスパーソンが回答、「企業理念」が社内で浸透すると仕事の効率が上がる!

Q4 所属する会社の企業理念が社内に浸透することで、仕事の効率や社員間のコミュニケーションなどが改善すると思いますか?(n=346・単一回答方式)

次に、企業理念が社内に浸透することで、仕事の効率や社員間のコミュニケーションなどが改善すると思うか聞いた調査では、「改善すると思う(21.1%)」、「どちらかというと改善すると思う(48.9%)」と合わせて70.0%のビジネスパーソンが企業理念の浸透により、業務効率や社員間のコミュニケーションが改善すると思っていることが分かった。

「企業理念」の役割、第1位は「ビジョン」、第2位は「目標」、第3位は「ルール」

Q5 あなたにとって、働く上で、企業理念とはどのような役割ですか?(n=346・複数回答方式)

働く上で、企業理念とはどのような役割か聞いた調査では、第1位「ビジョン(46.5%)」、第2位「目標(36.7%)」、第3位「ルール(25.4%)」と続いた。

業務上、最も「企業理念」を意識する場面は「日常の業務(27.7%)」

Q6 あなたが、働く上で企業理念を意識する場面はいつですか?(n=346・複数回答方式)

企業理念を意識する場面を聞いた調査において、最も多かったのは「日常の業務(27.7%)」、次に「朝礼(25.1%)」だった。また、その他の意見として「壁にぶつかった時」や「新規案件参画時」なども見受けられた。

約6割のビジネスパーソンが日々の業務に「企業理念が影響する」と回答

Q7 あなたの日々の業務効率に企業理念が影響することはありますか?(n=346・単一回答方式)

最後に、日々の業務に企業理念が影響することはあるか質問が行われたところ、「とても影響する(16.8%)」、「どちらかというと影響する(41.3%)」と合わせて58.1%のビジネスパーソンが、日々の業務に企業理念が影響していると回答した。

※むすび調べ

<調査概要>
有効回答数:全国のビジネスパーソン男女410名
調査期間:2018年11月9日~2018年11月16日
調査方法:インターネットリサーチ

出典元:むすび株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。