人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

人手不足解消なるか?AIと機械学習機能を搭載したヒューマン支援ロボット「アイオロス・ロボット」が日本上陸

2018.12.15

米・サンフランシスコを拠点に置くAeolus Roboticsは、2018年1月に「CES2018」で発表したAI・機械学習機能搭載型ヒューマン支援ロボット「アイオロス・ロボット」のレンタルサービスを日本で2019年8月に開始する。

「アイオロス・ロボット」は、人、顔、モノ、テキストなど、周囲の環境・情報を学習・認識できる非常に優れた「AIビジョンセンサ」を搭載し、人が後ろ向きや横たわった状態でも同一人物であることを認識できる「高度な物体検知能力」とともに、「空間認識機能」、「生体信号検知機能」を装備する。また、Google HomeやAmazon Alexaなどに対応する「音声認識機能」を搭載し、音声で指示を送ることも可能だ。

さらに、学習内容をクラウド上で複数のロボットが共有、個々へフィードバックを繰り返すことで、刻々と変化する環境やその周囲の人々に適応することができるという。

両腕のロボットアームと車輪による機動性から、見守り中の発作や転倒といった緊急事態に敏速に対応することができるため、日本の超高齢化社会における介護マーケットの拡大を見据え、ロボット導入を積極的に進めている国内企業と介護施設内での附帯業務支援に関する実用検証試験を開始している。

この実用検証試験による機能確認を経て、今後は、介護施設内での日用品、食事、洗濯物などの運搬や、空港・ホテル・レストラン・病院などの公共施設内のパトロールや配達などの業務をサポートするヒューマン支援ロボットとして、2020年までに10万台の普及を目指すとしている。

なお、レンタルの予約開始は2019年4月、レンタル価格は月額15万円(税抜)、最低レンタル契約期間は3か月の予定。為替の変動によりレンタル価格を変更する可能性もあるとのことだ。

関連情報
https://aeolusbot.com/(英語)

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。