人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2018.12.22

【東京外食大全】大阪発のスパイスカレーが東京で大ブレーク

『ポンガラカレー』

スパイスカレー

 最近のスパイスカレー・ブームは去年のチーズタッカルビ・ブームに迫る勢いがありますね。スパイスカレーって言うのは、小麦粉を炒めたり市販のルゥを使ったりして作る従来のドロっとしたカレーではなく、自分でスパイスを調合して作るサラサラなカレー。大阪の店からブームが拡がったので「大阪スパイスカレー」とも、あるいはスリランカ家庭料理を標榜する店が多いので「スリランカカレー」とも言われています。この大阪発のスパイスカレー・ブーム、どうやら、これまでの外食界の常識では計れない意外な方向から飛んで来たようで……。

 大阪では、1980年代に心斎橋に開業した『ルーデリー』を起点として、1992年に北浜にオープンした『カシミール』、99年に南船場にオープンした『ヤムティノ』(後の『旧ヤム邸』)など、昔から、小麦粉も炒めずルゥも使わないサラサラしたスパイスカレーの流れがありました。

 これらの店に共通していたワードが「スリランカ」。スリランカの家庭カレーは、母親が夫や子供の好みや体調に合わせてスパイスを調合し、それぞれの皿に米と惣菜を一緒に盛り、そこに複数のカレーを相がけして、最後はグチャグチャに混ぜて食べるスタイルです。そうした自由さが大阪人の好みに合ったのでしょう。

 あるいは、スリランカには日本の鰹節と同じウンバラカダという鰹節があって(鰹節を作っているのは世界で日本とスリランカだけだそうです)、イノシン酸の効いた味が日本人にウケたということもあるのかもしれません。それに、市販のルゥで作るカレーは味が一辺倒なのに対し、スパイスカレーはバリエーションが豊富。しかも、ルゥカレーはどんな脂やが含まれているかわからないのに、スパイスカレーはヘルシー。そんなこんなで、大阪ではスリランカの家庭カレーが進化し、多くの店が「スリランカカレー」を名乗るようになりました。

『旧ヤム邸 シモキタ荘』『旧ヤム邸 シモキタ荘』は、昨年7月、下北沢南口商店街のはずれの古民家を改装してオープンした大阪スパイスカレーの名店の東京進出1号店。食べログでは、早くも、下北沢に数多あるカレー店の中で最高の3.70を獲得しています。予約不可。だいたい30分待ちの行列ができています。◆所在地:世田谷区北沢5-29-9 ◆電話:03・6450・8986

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。