人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

イニエスタもハマった新感覚ラケットスポーツ「パデル」って何?

2018.12.21

パデル

パデル

 人類史上、最も短期間にプレーヤーを増やしたスポーツ。多くの海外メディアでそう報じられるパデルが、日本でもいよいよ知名度を上げそうだ。

 パデルとは、2人1組でネットを挟んでボールを打ち合う、テニスのダブルスのようなスポーツのこと。ワンバウンド以内に相手コートにボールを打ち返すのはテニスと同じ。だが、相手のショットが体の横を通過した場合も、壁に跳ね返ったボールを打ち返せばラリーは途切れない。

「練習はそこそこにすぐ試合を楽しみたい」「挫折せず続けたい」という、遊びなんだから当たり前の欲求にマッチするので、愛好家が増えるのは当然なのだ。

 スペインで生まれ約40年。パデルは今や欧州・南米など78か国で1200万人に楽しまれている。Jリーグのヴィッセル神戸に加入したスペインの英雄イニエスタも自分のチームを持つほどだ。

 日本には2013年に初上陸。今夏には東京・大井町駅近に専用施設がオープンするなど、身近になってきた。日本パデル協会によれば、国内の愛好家人口は約1万2000人。IT企業関係者やクリエイターなど、トレンド感度の高い人からハマっているようだ。

〈DIMEの読み〉

 新しいスポーツが根づく鍵は「始めやすさ」と「挫折しにくさ」。それらを両立するパデルのポテンシャルは高い。コートの数が増えれば一気に定着しそうだ。

コートは20×10m+壁コートは20×10m+壁(金網or強化ガラス)。走り回るエリアはテニスの約半分。

ヴィッセル神戸のイニエスタヴィッセル神戸のイニエスタ(写真左から2人目)も愛好家のひとり。

テニス用より小さなラケットテニス用より小さなラケット。打つ面はガットではなく、穴を開けた板。

取材・文/江橋儀典 写真提供/日本パデル協会

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。