人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ビジネスチャットはもう古い!?音声で社員同士がつながる新しいコミュニケーションの形

2018.12.19

声と顔が一致しない社員同士はどうなる?

まだ入社したて・社員数が多いなどが理由で、声で相手を認識できない社員同士にはどんな対策があるのだろうか。

「話す前に名乗っていただけるとスムーズです。普段から顔を合わせていて声を認識している相手同士であっても、インカムやトランシーバーのようにお使いいただいている店舗様などにおいては、ミスコミュニケーション防止のために、最初に名前を言うようにしていただいているケースもあります。普段のコミュニケーションの仕方や用途によってやりやすい方法が違ってきますので、弊社メンバーの使い方もお伝えしながら、企業様ごとに最適な方法をご紹介しています」

打ち合わせ開始の合図は?

ところで、音声での打ち合わせを始めるときには、どんな風に切り出すといいだろう。

「弊社では特定の誰かと話したいとき、『◯◯さん、今いいですか?』というような呼びかけをしています。同じルームにすでに複数人が入っていて、突発的に会話を始めるときは、名前の呼びかけをすることで気づいてもらえます。

一方、特定のメンバーと話すために新しくルームを作成した場合、呼びかけをしなくても始められます。『◯◯が接続しました』という音声アナウンスが流れ、アプリ上でも接続中のメンバーが確認できるため、全員そろった時点ですぐに会話を始められます」

BONXなら、WEB会議のように必ずしも同じタイミングでPCの前でコールを受信する必要がない。途中、他の電話で抜けたとしても終わり次第、自動的にルームに再接続できるなど、どこにいても話に参加できる便利さがあるようだ。

浸透が進むビジネスチャットと同時に、今後は、いつでもどこでも話しかけられる音声会話も増えていくのかもしれない。

【取材協力】
株式会社BONX
2014年、「スノーボード中に仲間と会話したい」という想いから、音声コミュニケーションデバイスBONX Gripを着想。アウトドアシーンでの展開を経て、2017年に法人向けサービスを始め、ビジネスの現場でも活用されている。
BONX for BUSINESS公式WEBサイト https://bonx.co.jp/

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。